super 3G

S3G>>LTE>>Long Term Evolution>>3.9G


2004年時点の3G携帯電話サービスより10倍速いと予想され、3GPPで検討されているW-CDMAの拡張技術を発展させた次世代の携帯電話標準規格の名称。BBCは2005年1月2日に、NTTドコモ、Vodafone、Cingular、Siemens、Alcatelなど26の携帯電話サービス提供会社が提携し、「super 3G」を2007年までに開発すると「Mobile firms sign 'Super 3G' dealを報告した。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/4141715.stm)で知ることができる。ただし、すでに話題になっている「G4」ではなく、「super 3G」なのか?「super 3G」とは「G4」へのステップであり、「3.9G」ということで、通信の高速化は倍々ゲームを展開し、急速に変化していることから、2007年ではWi-Fiに遅れを取る可能性も出てきた。MobileMagは2005年1月3日に、韓国のサムソンが「super 3G」はそれほどスーパーではない!?と発言したことことを紹介した。詳細情報はURL(http://mobilemag.com/content/100/344/C3548/)で知ることができる。NTTドコモは先走ってG3を導入し、大失敗した経験があることから、G4には慎重な態度を取ることだろう。cellular-newsは2005年3月18日に、Strategy Analyticsが2005年3月17日に発表した新しいレポート「MOBILE ADULT SERVICES JUST A SIDE SHOW?」は携帯電話のポルノ市場への重大な挑戦であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/12336.shtml)で知ることができる。Strategy Analyticsは調査レポート「MOBILE ADULT SERVICES JUST A SIDE SHOW?」で、インターネット上のWebで優れたユーザー経験が、マルチメディア化された携帯電話のポルノ市場として、そのより大きい有用性から、Private Media GroupやPlayboyなどの増強された参加企業、オフネットの入り口への導入、および満足されている証明認証と時間検証システムの実装などを含んで、そのままで残ると結論を下し、2008年に携帯電話のポルノ市場がUS$10億、2010年にはUS$50億市場になると予測している。詳細情報はURL(http://www.strategyanalytics.com/press/PR00160.htm)で知ることができる。Private Media Groupが2003年1月23日に公開した第3世代携帯電話でのポルノ映像配信リリース「Adult Material To Lead 3G Take Up」はURL(http://www.3g.co.uk/PR/Jan2003/4749.htm)で読むことができる。NTTドコモは2006年7月7日に、提案募集案件として、LTE(Long Term Evolution)に準拠し、高ユーザー・スループット、低遅延、高周波数利用効率を実現することを目的として、アクセス方式としてOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)およびSC-FDMA(Single-Carrier Frequency Division Multiple Access)を適用した「Super3G無線移動局装置」と「Super3G無線基地局装置」の募集を2006年8月23日まで実施すると公表した。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/disclosure/procure/offer.html)で知ることができる。Cellular Newsは2007年4月2日に、EUのテレコム市場に関するEC(European Commission)がEurope's Information Society Thematic Portalで2007年3月29日に第12回レポートを公開し、ヨーロッパ人の消費者は、ヨーロッパのテレコム規則の実装における好ましい進歩の結果、下値と革新的なサービスの利益を得続けていると発表したと報告した。情報通信のEUコミッショナーヴィヴィアーヌ・レンディング(Viviane Reding)は、「確かに、競争への情報通信市場の始まりは関税と、より良いサービスにおける下落傾向で見ることができ、EUのサクセスストーリーの1 つです。しかし、5%追加出資で2.3%の成長である間は、彼らがヨーロッパの競争力で良いとは言えないと分析した。これはEUの情報通信規則に関する今年の改革が競争がまだ有効でない規則の焦点を主要なボトルネックに合わせなければならない理由です。セクターで監視委員は、技術が国境を越えるところで事業者と消費者の両方のために汎ヨーロッパの規模の経済へ道を開くべきです。」と言っている。3Gとデータサービスでは、3Gの周辺装置が増加しているという兆候があり、70の事業者が現在商業ベースで3Gを提供し、3Gサービスは現在、すべての加盟国で利用可能になっている。日本は最も高い3Gサービスの浸透を保有しているが、ヨーロッパは現在、加入者数での最も大きい。EUには約4500万人の3G加入者がいると予測され、購読でヨーロッパがリーダーとして日本に追いついたことを示していると報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/22924.php)または、URL(http://ec.europa.eu/information_society/policy/ecomm/implementation_enforcement/annualreports/12threport/index_en.htm)で知ることができる。