Sinosat-2

Xinnuo-2


中国の農村地を含む全土でテレビを受信できるようにするため、北京に本部があるSinoSat(SINO Satellite Communications)社が2006年10月29日に四川省の西昌センター(Xichang Satellite Launch Center )から打ち上げ、92.2°Eの静止衛星として中国全土をカバーする初のCAST(China Academy of Space Technology)が開発した本格通信衛星の名称。詳細情報はURL(http://www.sinosat.com.cn/english/Satellite%20Systems2.htm)または。URL(http://www.sinosat.com.cn/english/index.htm)または、URL(http://www.sinosat.com.cn/news_play.asp?id=46)で知ることができる。静止衛星「Sinosat-1」は1998年7月18日に、四川省の西昌センターから打ち上げられ、110.5 ° EでCバンドと、Kuバンド通信を提供している。詳細情報はURL(http://www.sinosat.com.cn/english/Satellite%20Systems.htm)で知ることができる。静止衛星「Sinosat-1」の寿命は15年と計算されている。詳細情報はURL(http://www.sinosat.com.cn/english/Satellite%20Systems.htm)で知ることができる。Yahoo Newsは2006年10月23日に、新華通信社からの情報として、通信衛星「Sinosat-2」は、無線通信、デジタル映画、ダイレクトTV、デジタル・ブロードバンド通信を2006年から2010年までに、最大1億人に供給するようになると報告している。また、この通信衛星の打ち上げにより、禁止されてきた多くの規制が撤廃される可能性があるとも報告している。詳細情報はURL(http://news.yahoo.com/s/afp/20061023/sc_afp/chinaspacesatellite_061023152031)で知ることができる。また、北京オリンピックに向けて通信環境確保も急がれているといえる。ABU(Asia-Pacific Broadcasting Union)は2006年11月22日に、South China Morning Postからの情報として中国初のダイレクト放送衛星は打ち上げ後10日未満で失敗したと報告した。「SinoSat-2」を運営するSino Satellite Communicationからの解説によれば、中国の最初のドメスティック人工衛星「SinoSat-2」は修復し難い深刻な停電を受けたと報告している。ソーラー・パネルとアンテナが適切に作動しなかった。詳細情報はURL(http://www.abu.org.my/public/dsp_page.cfm?articleid=2473&urlsectionid=1061&specialsection=ART_FULL&pageid=247&PSID=3372)で知ることができる。