SAX-40


これまでの大量輸送の考え方で開発された航空機の騒音問題、社会問題化し、空港建設でネックとなるジェット機のごう音問題を解決するため、CMI(Cambridge-MIT-Institute)の一環としてイギリスのケンブリッジ大学(Cambridge University)と米国のマサチューセッツ工科大学(MIT/Massachusetts Institute of Technology)が、根本から再設計したジェット旅客機により、大規模空港の近隣住民による最大の苦情を軽減できるかもしれないということで、Silent Aircraft Initiativeが2006年11月6日にロンドンで披露した、搭乗客は215人まで収容でき、2030年までの実用化が予定されている幅広の流線型「サイレントジェット機」の名称。詳細情報はURL(http://www.cambridge-mit.org/research/sai)または、URL(http://silentaircraft.org/)で知ることができる。ただし、フランスのGonesseで2000年7月25日に火を吹いて墜落した定期超音速ジェット機旅客機コンコルド(Concorde)では、超音速乗客飛行の日がすでに終わっていることを意味し、地球温暖化など、騒音問題だけでは解決できないことも社会問題化していることから、大量輸送、高速化など以上に燃費などを考慮することが重視し始めている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2810)または、URL(http://heritage.scotsman.com/ingenuity.cfm?id=430902005)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2007)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3696)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3253)または、URL(http://www.concordesst.com/)で知ることができる。