spot.us


地元の給水が汚濁していると思っても、地方公務員からは言い逃れに合い、調べるために地方新聞は相手にしてくれない。
そこで、調査して記事を書くジャーナリストを雇うことができるという考え方で、登場した新しい非営利団体の名称。
新しい、現実的なジャーナリズムの登場である。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は2008年8月24日に、その非営利団体は「Spot Us」といい、彼らは「共同体によって資金を供給されたジャーナリズム(community-funded journalism)」と呼んで、現在、サンフランシスのコベイエリアでテスト実施していると報告した。
調査の記事と、報告の代価を払うために考えだされ、請求するためにウェブサイト「spot.us」を使用している。詳細情報はURL(http://www.spot.us/)で知ることができる。
しかし、また、実験は落札者によって買われるジャーナリズムにも関心を高めている。
この考えの基本は、だれでも話を提案できるということで、Spot Usのエディタが、どの話を追求したらよいかを選ぶ。
そして、その負担は市民に依頼する。
その市民は、前払いでおよそ報告コストのすべてを支払うためにお金を寄付するように頼まれる。
もちろん、市民は個人でもグループや団体でもかまわない。
お金が具体化しないなら、考えは報告されずに終わる。
「Spot Us」は、Webサイトに記事を掲示して、それらを発行したがっている新聞にそれらを与えることを計画している。
新聞が記事に独占権を必要とすると、紙はそれの代価を払わなければならない。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/08/24/weekinreview/24kershaw.html?_r=1&ref=media&oref=slogin)で知ることができる。
有料で取材の依頼を受け、調査して、その記事をオークションでマスメディアに販売する。
フリーランスが取材した記事もオークションで販売できる。
まったく新しいジャーナリズムがインターネット上に登場した。
ニュースが、マスコミから手が離れ、市民に渡り、その代行をプロのジャーナリストが実施する。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10791)で知ることができる。