t-commerce

TV-commerce>>television-based e-commerce

t-コマース

e-commerceが話題になり、地上波やBS、CSなどのデジタルTV放送が本格化することから、エンハンスドTV、双方向TVなどを利用した商取引がビジネス社会で話題になり始めて登場した言葉。しかし、t-commerceもe-commerceの一部分に過ぎないという考えから、絶頂期の峠を越え、今後厳しくなるテレビ業界が次世代のオンライン・ユーザーを取り込む可能性をデジタルTVに期待して、話題づくりにねつ造した用語というアナリストも多い。techTrendsは2000年12月に米国の一般ユーザーがe-commerceとt-commerceのどちらに親しみを持って接することができるかをレポートし、43ページのレポートを発表した。その報告によれば米国全体で46%がt-commerceの法に興味があると応え、そのうち80%が無料のテレビショッピングを利用して購入経験があり、有料テレビショッピングになると27%になり、テレビを利用したinteractive television (iTV)でのバンキングは6%に激減している。Napsterは音楽業界から袋叩きになったが、boston.comやbusinessweekが2002年になって、コマーシャルで成り立っているテレビ業界でNapsterの考え方が再生すると報道を開始した。ただし、デジタルTVの場合に起こるコマーシャルのスキップ、TV番組の中にある音楽番組など、解決すべき問題は多い詳細情報はURL(http://www.boston.com/dailyglobe2/035/business/The_television_industry_is_running_scaredP.shtml)または、URL(http://www.businessweek.com/magazine/content/02_06/b3769087.htm)で知ることができる。米国のヤンキーグループ(Yankee Group)は2003年9月22日に、PVR(Personal Video Recorder)として、ハードディスク・レコーダーなど新しい技術の波が到来したことにより、CMスキップ機能などで広告部分だけをユーザーが見なくなり、広告収入を前提としたテレビ産業に大変動が起こり、テレビのスポット広告が消える可能性があることから、「New Technology Threatens to Undermine the Value of Television Advertising」というレポートを公開した。2003年12月1日午前11時から始まる地上波デジタルテレビ放送について、設備投資の負担が重いため、民放キー局の番組は当面、現在のアナログ放送とほぼ同じになりそうだという見解を2003年10月30日に発表した。また、NHKは2003年10月28日に、2003年12月1日午前11時から始まる地上波デジタルテレビ放送と、BSデジタルテレビ放送で、専用のカードキー「B-CASカード」をテレビに差し込んでいる視聴者だけに見せる「限定受信方式」を2004年4月から導入する方針を発表した。2003年11月17日に民放各社も専用のカードキー「B-CASカード」を2004年4月から導入する方針を発表した。「B-CASカード」に放送局側が「1回だけ録画可」という信号を入れた電波を送ることにより、この信号に対応したテレビにだけ、放送局側はメーカーに「B-CASカード」を配り、メーカーはテレビに添付する。信号に対応しないテレビには、カードが配られないため、デジタル放送がみられないことになる。また、テレビからデジタル録画機器には1度は録画できるが、そこから別のデジタル記憶媒体には録画できないため、大量コピー防止できるようになる。詳細情報はURL(http://www.b-cas.co.jp/bcascard.htm)で知ることができる。ただし、これで今まで販売されてきたデジタルテレビ対応機種まで全てが、新しく始まるデジタルTVに対応しなくなり、全てがゴミになる可能性がでてきた。この膨大なゴミは、NHKや民放の決定によって発生したのであり、その処理まで責任がとれるのかどうか?大いに疑問である。さらにデジタル化によって、これまで各家庭に多く保存されてきたVHSなどのカセットテープを見ることができる環境も消えることになり、これもメーカー側の販売路線で発生したゴミであり、これらにもメーカー側がどのように対処するのか?ゴミの対処を考えない大手企業の自己中心的な企業の社会的責任を取らない考え方が露見することになる可能性は高い。UNCTAD(UN Conference on Trade and Development/国連貿易開発会議)は2003年11月20日にICT(Information and Communications Technologies)として、インタ ーネットを利用した2003年の電子商取引が過去最大でUS$3兆8780億(約422兆円)に達するとの推計した228ページのレポート「E-Commerce and Development Report 2003」を発表した。同時に、広告などの目的で送りつける迷惑メール(スパム)で企業が被る損害はUS$200億を超えると警告もした。詳細情報はURL(http://www.unctad.org/Templates/Page.asp?intItemID=2629&lang=1)で知ることができる。また、全文のPDFはURL(http://www.unctad.org/en/docs/ecdr2003_en.pdf)でダウンロードできる。APA(American Psychological Association/米国心理協会)は2004年2月23日に、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(University of California, Santa Barbara)のDale Kunkel, Ph.D.、ネブラスカ大学(University of Nebraska)のBrian Wilcox, Ph.D.、ダビッドソン大学(Davidson College)のEdward Palmer, Ph.D.、ウイスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin, Madison)のJoanne Cantor, Ph.D.、ハワイ大学(University of Hawaii)のPeter Dowrick, Ph.D.、ハーバード大学(Harvard University)のSusan Linn, Ed.D.が全米及びカナダで実施した調査結果から、テレビ・コマーシャルは年間US$120億の売上げを記録しているが、子供に悪い習慣を植え付けていると報告した。詳細情報はURL(http://www.apa.org/releases/childrenads.html)で知ることができる。矢野経済研究所は2005年6月29日に、HDDレコーダーでテレビコマーシャルを全てスキップしているユーザーが69.2%に達していると報告した。詳細情報はURL(http://www.yano.co.jp/press/2005/050629.html)または、URL(http://www.yanoresearch.jp/pdf/press/050629.pdf)で知ることができる。Broadcasting & Cableは2005年7月21日に、米国のデジタル・ビデオレコーダー普及に関するレポートを公開し、5年後には約半分の家庭にデジタル・ビデオレコーダーが浸透し、ケーブル向けデジタル・ビデオレコーダー(cable DVRs)が衛星テレビ向けデジタル・ビデオレコーダー保有者に追いつくと予測した。JupiterResearchが2005年7月19日に発表したレポート「US DTV and iTV Forecast, 2005 to 2010」によれば、2004年には700万人の家庭にデジタル・ビデオレコーダーが普及していた(現在の浸透率は12%)が、2010年には5500万の家庭で、または全家庭の47%にデジタル・ビデオレコーダーが浸透すると予測している。また、HDTVは、2005年に1000万家庭に普及しているが、2010年には6900万家庭にまで浸透すると予測している。今回はデジタルTVへの変更により、HDTVの普及率躍進に向けたチャンスが到来したということで各メーカーも話題にしているが、ただし、これまで何度もHDTVの普及率は発表されてきたが、すべて裏切られてきている。詳細情報はURL(http://email.broadcastingcable.com/cgi-bin2/DM/y/emwG0I46zt0Olt0CXf50Ee)または、URL(http://www.jupiterresearch.com/bin/item.pl/home)で知ることができる。また、電通は2005年7月19日に、CMスキップ機能で「DVR普及でCM効果が下がる」とした調査結果が相次いでいるのに対し、反論するレポート「DVR普及がテレビ視聴に与える影響について」を公表した。詳細情報はURL(http://www.dentsu.co.jp/marketing/report/dvr2.pdf)で知ることができる。それはまだCMスキップ機能を使いこなしている人が少ないということであって、それだけ電通は慌てて、将来のテレビ広告市場が心配であるということだろう。「数(5年後に約8倍)」と「機能の進化と知識の普及」の両面から、テレビ広告市場は雑誌広告の市場のように確実に削り取られていくことになる。また、そのDVRsの普及率を5年後に約8倍するため、テレビを使って宣伝協力しているのが電通などの広告代理店という矛盾したパラドックスが、そこで渦巻いているのも不思議である。
MarketingChartsは2008年3月3日に、ニールセン(Nielsen)社が2008アカデミー賞の研究要約をリリースしたと報告した。
そのレポートによれば、2008年のアカデミー賞を見たアメリカ人は3,200万人で、約94%はテレビ中継を見た。
200万人だけがDVRに記録を残して、それを見ていたと報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/research-recap-of-2008-academy-awards-released-3670/)または、URL(http://www.nielsenmedia.com/nc/portal/site/Public/menuitem.55dc65b4a7d5adff3f65936147a062a0/?vgnextoid=c3d287620e168110VgnVCM100000ac0a260aRCRD)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8972)で知ることができる。