TIA(Total Information Awareness) System

Terrorist Information Awareness

全情報認知システム>>総合的情報認知システム>>米国国防総省データマイニング計画

米軍の防衛高等研究計画局に所属するIAOが、テロリストが行動を起こす前に、一定の方法でテロの兆候を見つけ、対策を講じることができるかどうかを決めるため、膨大な量のデータを検索してテロ活動を暗示する動きを特定することが可能かどうかを探ることを目的に開発している総合的情報認知システムです。

>> さらに詳細な情報はこちら


DARPAのIAOによる計画立案書
TIA Systemのパンフレット
TIA Systemの全体像
Babylon(多言語認知システム)
Bio-Surveillance(生物兵器認知システム)
Communicator(コミュニケーション・システム)
EARS(Effective, Affordable, Reusable Speech-to-Text)(会話のテキスト化システム)
EELD(Evidence Extraction and Link Discovery)(証拠抽出と関連の発見システム)
FutureMap(Markets Applied to Prediction))(未来市場予測システム)
Genisys(Bio-SurveillanceのFY02)として導入されることになった巨大リソース検索システム)
Genoa(情報技術の一環として、国家レベルでのインテリジェンス・コミュニティのテーマ別検索システム)
Genoa II(Bio-SurveillanceのFY02として導入されることになった、ターゲット絞り込みシステム)
Human ID at a Distance (HumanID)(人の認証システム)
TIDES(Translingual Information Detection, Extraction and Summarization)(言語翻訳システム)
WAE(Wargaming the Asymmetric Environment)
外務省が2002年11月20日に公開した「生物兵器禁止条約(BWC)強化のための作業計画に関する合意(概要と評価)」
Matt Smithが2002年12月10日に執筆したコラム
「cryptome」が公開したJohn Poindexterの家の場所を特定する衛星写真
2002年に国土安全保障関連のITに費やした予算
EPICが認可されたFreedom of Information Act lawsuit
EPICが入手した公文書-1
EPICが入手した公文書-2
EPICが入手した公文書-3
EPICが入手した公文書-4
ロバに例えられた17世紀の教育
ロバに人参
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
GAOが2003年4月8日に公開したインテリジェント・データの共同利用
GAOが2003年4月28日公開したDODの段階的修正の必要性を訴えたレポート
GAOが2003年4月28日公開したDODのIT技術のさらなる必要性を訴えたレポート
DODシステムをより知的に成長させる企業との契約
GAOが2003年6月24日に公開した、軍事戦略実施中の現状報告書
GAOが2003年6月30日に公開した、生物兵器を使ったテロに対するIT技術のレポート
GAOが2003年7月15日に公開した、国境安全管理について実験した結果
DARPAが2003年5月19日に提出した修正報告書のExecutive Summary
DARPAが2003年5月19日に提出した修正報告書のDetailed Information
DARPAが2003年5月19日に提出した修正報告書のLetters Transmitting the Report to Congress
New Wyden Accountability Legislation will Check Government Attacks on Privacy, Civil Liberties
Wyden Wins in Fight Against Government Waste: Defense Department will Close ''Terror Market''
Richard J. Hillmanが実施した個人情報追跡実験結果報告
GAOが公開した病院がバイオ・テロに対応できる必要性レポート
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
Parks AssociatesのPutting Consumer Research to Work白書
GAOが2003年9月3日に公開した、米国国防総省との契約と金の流れ調査報告書
GAOが2003年9月9日に公開した、バイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書
GAOが2003年10月15日に公開した、2001年の炭素菌対策のレポート
GAOが2003年10月20日に公開した、生物兵器テロに対抗するためのレポート
GAOが2003年11月6日に公開した、市民権会議の活動と経済的状況レポート
World Uranium Weapons Conference 2003のロゴ
World Uranium Weapons Conference 2003のポスター
World Uranium Weapons Conference 2003のリーフレット
World Uranium Weapons Conference 2003の内容案内
World Uranium Weapons Conference 2003の概要
World Uranium Weapons Conference 2003が開催された場所
World Uranium Weapons Conference 2003のプレス発表-1
Dr. Jawad Al-Aliのプレゼンテーション資料
Dr. Souad Al-Azzawiのプレゼンテーション資料
Dr. Antonietta M. Gattiのプレゼンテーション資料
John LaForgeのプレゼンテーション資料
Heike Schroederのプレゼンテーション資料
Philip Steeleのプレゼンテーション資料
Dai Williamsのプレゼンテーション資料
外務省が2003年11月18日に公開した2003年生物兵器禁止条約年次締約国会合情報
Lawrence J. Dyckmanによる農作物と食品に対するバイオ・テロに関する調査報告書
GAOが2003年12月12日に公開した、テロと経済に関するメカニズムのレポート
Hon. Putnam Federal Computer Report Card Press Statement
Computer Security Report Card 2003
Overall Federal Computer Grade and Bar Graph
Federal Computer Security Grades 2000-2003
Computer Security Grade Criteria
GAOが2003年12月18日に公開した各省庁のITリーダーシップ努力要請レポート
GAOが2002年12月19日に訴えた、IT技術の安全保護と進化レポート
政府関連省庁などのパブリック・キー情報セキュリティ調査レポート
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された当時最新のミュンヘンの図書館
ミュンヘン王立図書館の階段
国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート
Barbara D. Bovbjergによる顔面認証に関する長期計画としての実証実験レポート
Kevin W. Bowyer教授の顔認識技術とセキュリティ対プライバシーの考察
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2002で紹介したプレゼンテーション
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2003で紹介したプレゼンテーション
Illustrirte Zeitung1849年5月26日に掲載された腕白小僧のしつけ風景
David M. Walkerによる米国の国防の将来に向けた経済的支援と管理
Paul L. Francisによる未来の戦闘とリスクに関する実証実験レポート
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート
Detica社が2004年4月22日に公開したリリース
MORI社が2004年4月23日に公開したリリース
Detica社が2004年4月27日に公開したリリース
抗生物質の抵抗に関する動物実験の必要性を訴えたレポート
核、生物学、化学平気の検知と対応技術研究のためにDOEの研究所の活用レポート
国土安全のために、IT戦略の検討が必要とするレポート
National Military Strategy 2004
Illustrirte Zeitung1854年9月23日号に掲載されたアレキサンドリア図書館跡
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の資料室
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の雑誌資料室-1
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の雑誌資料室-2
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT前にEPICがした証言
THE 9/11 COMMISSION REPORT関連サイト
炭素菌に対応する米国郵政公社対応に関するレポート
外務省が2004年10月1日に公開したリリース
国際民間航空機関機械読取渡航文書専門家会合新技術作業部会の情報提供依頼
GAが2004年10月15日に公開した、国防上イミグレーション・システムの変更
GAOが2004年11月8日に公開した移住施行目的に組み込む必要条件レポート
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年5月31日に公開されたロンドンの窃盗犯
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004法案
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004施行報告
FCCのパブリック・コメント募集報告
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」
イギリスのIDカード法(Identity Card Bill)案
イギリスのIDカード法(Identity Card Bill)案補足資料
ECJが2006年5月30日に公開した判決リリース

eDNA
バイオメトリックス
警察関連のURL
BioAPI
マルチモーダル
バイオミメティックス
ネットワーク・セキュリティ・サービス
暗号技術
ネットパス
ICカード・インターネット認証システム
VoiceGATE
電子印鑑証明書
電子商取引
ヒューマン・インタフェース
音声認識
仮想現実感
隠れマルコフ・モデル
チョムスキー理論
関西学研都市
Speechnavi
コモン・ヒューマン・インタフェース・サービス環境
インタフェース
秘書エージェント
電子秘書
MR(Mixed Reality)
MilliCent
IOTP
CPS
電子取引法制の中間報告書
指紋による本人認証
電子サミット
GROUP OF SEVEN STATEMENT ON ECONOMIC
デンヴァー・サミット7ヵ国声明
3001年のコンピュータ「HAL」
Pandesic
電子商取引等検討部会
電子商取引等検討部会の中間とりまとめ
FBI長官の不安と願望
消費者取引研究会
Speech Mail
CABIN
CAVEシステム
BAPI
ViaVoice
トライリニアCMOSイメージ・センサー
NSAFER
成長する鍵
VerSecure
でんわなび
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
50ドル・ルール
富士通ネットワーク監視センター
テラマック
自己回復テクノロジー
音声認証システム
Talking Head
VIRTUAL WORLDS 98
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
スクラッチカードタイプの決済システム
特徴相関法
アイリス認識システム
人間の顔を認識した個人認証
Microsoft Cordless Phone System
ポインティング・デバイス
JSAPI
状況変動特徴
弱直交化法
バイオテクノロジー産業の創造に向けた基本方針
CyberTranscriber
AppleEvent over IP
電子顕微鏡
MAXITATERU
バイオテクノロジー
BellSouth Info by Voice
e-@ction Natural Language Speech Assistant
PAA(Protected Access Architecture)
CCIPS
VeriPat
FIU-700
航空機内インターネット接続
TNTY 2000
旅客機内で使用できるACアダプタ
入退室管理システム
HTK(Hidden Markov Model Toolkit)
GEML(Gene Expression Markup Language)
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
メモリースティック
Half Keyboard
Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio
DataHand ergonomic keyboard
eLiza
Oculus
大阪ボイスポータル実証実験サービス
パーソナライズド・ガン
Motorola iBoard
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
Cisco IOS
電子図書館
SmartCity EMS
ハイテク移民
米国内の通信改革法案
DSR(Distributed Speech Recognition)
SALT(Speech Application Language Tags)
National Integrated Security Suite
XML
XCBF(XML Common Biometric Format)
シンギュラー・ポイント
組織培養と芸術
NIST
バイオテクノロジー戦略会議
Multi-University Research Laboratory
AG(Augmented Reality)
先進医工学センター
e-AMUSEMENT
OCLC(Online Computer Library Center)
手の平静脈パターン個人認証
SEVIS(Student and Exchange Visitor Information System)
NeoFace
歩き方認証
DSpace
FlyNet
Look Device
orbiTouch
軍事IT
CNA(Computer Network Attack)
Stratcom(U.S. Strategic Command)
CATCH(Computer and Technology Crime Hi-Tech Response Team)
NHTCU(National Hi-Tech Crime Unit)
orbiTouch
PARC
Fastap Keypad
ローテク・ハイコンセプト・テロ
DAML(DARPA Agent Markup Language)
ジェスチャ感知入力装置
バイオ・センサー・チップ
国籍に関するヨーロッパ条約
血流認証装置
Llog(Lifelog) project
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
Terror Market
PAM(Policy Analysis Market)
HoloTouch
指静脈認証技術
ドクトリン
SBIRS(Space-Based Infrared System)
情報鎖国空間の病院
Pay-as-you-go
Current Cites
DARPATech
CADU(Campaign Against Depleted Uranium)
Intelligent Island
This World: One Day of War
MTCR(Missile Technology Control Regime)
VIS(Visa Information System)
Asymmetric Warfare
Intelligence Reform Act
ICパスポート導入反対声明
電子図書館
電子図書館/2003年
電子図書館/2004年
電子図書館/2005年
電子図書館/2006年
FISMA(Federal Information Security Management Act)
ディープスロート
CRI(Customer Respect Index)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
米国コンピュータ・セキュリティ成績表
21st Century Competitiveness Act, 2007
HIPPA(Health Insurance Portability and Accountability Act)
暗号の2010年問題