The Myth of Municipal Wi-Fi Networks

Wi-Fiの神話

new millennium researchのWi-Fiレポートとして、WNN Wi-Fi Net Newsが2005年2月3日に紹介したフィラデルフィアで巨大Wi-Fi計画が推進されていると報告した、Wi-Fi神話のタイトルの名称。さらにEETIMESは2005年8月17日に、AP(Associated Press)からの情報として米国の巨大都市San Franciscoがすべての市内居住者にWi-Fi環境を提供する計画を発表したと報告した。オランダのアムステルダム、大学都市ライデン、米国の文化発祥の都市フィラデルフィア、ポートランド、チャールストン、およびオーランドなどが全都市Wi-Fi化を発表し、どんどん実現するか、実現に向かってまっしぐらであるが、大都市ではいろいろ問題があることから停滞していたが、ギャヴィン・ニューサム市長(Mayor Gavin Newsom)は街全体のWi-Fi化に向けた計画を、実現優先権リストの上部に置いたことから、巨大都市San Franciscoが全都市でWi-Fi環境を構築することになった。次に、フラー(Buckminster Fuller)が作ろうとした大都市ニューヨークにドームをかける計画のように、無線通信環境のドームが巨大都市San Franciscoで実現する可能性が高くなった。東京で街全体のWi-Fi化ができないのは、単に石原都知事の能力不足と言うことになるだろう。低価格で提供しても、石原都知事が考えた、銀行構想やカジノ構想より、安定収入になり、実現すれば、世紀の事業として都民は喜ぶことだろう。詳細情報はURL( http://www.eetimes.com/news/latest/showArticle.jhtml?articleID=169300314)で知ることができる。cellular-newsは2005年9月16日に、NHSトラストのIT基盤の大きなオーバーホールの一環として、Aruba Networks WLAN technology社がイギリスで最大の無線LAN環境をUCLH(the University College London Hospitals/ロンドン大学カレッジ病院)で構築したと報告した。ロンドンのEuston通りにあるUCLHはUS$7億7000万を投資し、8つの病院で7,000人のユーザーを無線環境で支援することができるということで、この無線環境はAruba 5000 mobility controllersと300 のアクセスポイントで構成され、これで医者と看護婦は、ベッドサイドから手術室まで、病院の中でどこからでも進行中の情報にアクセスすることができ、病院は完全なカルテなどのペーパーレスが実現される。UCLHの情報管理の責任者Kevin Jarroldは、「これは、無線テクノロジーが現代の病院環境でしなければならない不可欠な役割のすばらしい事例です」と報告している。確かに有線の場合は、回診するときなどに利用できないなど、移動しているときに最新情報にアクセスできないといった問題が指摘されてきた。問題は、携帯電話で問題になった人工心臓など、患者が生命維持に使用している電子機器への影響で、それと、患者が自由に利用できることといえる。米国では、大学病院の各病室にはほとんど光ファイバー環境が患者に提供されはじめていると聞きましたが、東京の信濃町にあり、石原裕次郎も入院していたことで有名で、多くのインターネット関連団体に所属している村井 純教授も関係している慶応大学の病院では、1フロアーで1カ所だけ、エレベーターの前に ISDNの公衆電話があったが、自宅で光ファイバー環境を利用している人にとっては、お手上げ状態といえる。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/14067.php)または、URL(http://www.arubanetworks.com/news/release/2005/09/15)で知ることができる。cellular-newsは2005年9月20日に、ハイテク市場調査会社In-Statが世界におけるこれから10年間のモバイル市場予測を公開したと報告し、日本、オーストラリアを含むアジアのモバイル市場は2004年に約7億4000万人のユーザーから約US$1800億の総収益をあげていたが、2009年までにUS$2,600億以上の総収益に成長し、世界最大マーケットになると報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/14113.php)で知ることができる。In-Statは2005年9月20日に、世界では2009年に$3,460億になると予測していることから、アジア以外では860億になり、アジアをマーケットを獲得できないモバイル市場企業は、消え去ることになる。とくにインドはCAGR(Compound Annual Growth Rate/合成年間成長率)で2004から2009年の間に最も速く発達すると予測し、CAGRが32.8%で、加入者は2009年まで年間31.1%の成長率を継続すると予測している。詳細情報はURL(http://www.instat.com/press.asp?ID=1447&sku=IN0502196MU)で知ることができる。アフリカも凄いと思っていたが、人口的にインド、中国には足下にも寄れない。米国やヨーロッパのモバイル市場は実験場で、ビジネスはアジアと言うことになる。NTTドコモは十分にマーケットを狙える立場だったが、実験場に目を向け、マーケット戦略に失敗したともいえる。ただし、これだけの成長は、同時に他のマーケットも引っ張り上げ、世界中であらゆるものが不足することになる。San Francisco Chronicleは2005年10月4日に、San Francisco全市をWi-Fiで覆う計画「Wi-Fi over San Francisco」について、Gavin Newsom市長が月曜日のCity Hall記者会見で、この計画をじゃまする組織があると述べ、さらに、Gavin Newsom市長は反対する組織から訴えられるかもしれないとも報告し、プロバイダの中には、その組織から圧力がかけられて、反対する側に付いた会社もあると報告した。ただし、Gavin Newsom市長は、「これは必然的です」「これは市民の基本的な権利です。」といい、発表から45日間の締め切りで、24社から提案を受け付けたと報告した。Google は、提案を提出した24社の内の一つで、その計画の一部として、Googlは都市に対する無線サービスを無料で提供すると申し出ました。そして、潜在的に料金のために他の会社にネットワーク広告を求め、賃借しているオンラインからその経費を取り戻すとも提案し、いくつかはスタートアップのときのように、Cingular Wireless、Ericsson、EarthlinkとMotorolaもその輪に参加することを表明した。Gavin Newsom市長は、Wi-Fi提案をチェックする最高7人の委員会をつくっていると言い、次の3週で次のステップを決定すると報告している。技術部門で先頭に立っているChris Veinは、提案を提出した会社のどれもがWi-Fiサービスから得るお金を都市と共有すると申し出なかったと報告した。つまり、市が主導ではなく、企業主導で実施する計画を提案しているようで、Googleだけは都市基盤の使用料金を払うと申し出ている。市が主導だと、自由がなくなるし、競争もなくなり、未来的には発展が遅れることが要因になり、さらに利益をSan Francisco市と分配することになれば、無料のサービスは提供できなくなる。最終目的は同じでも、手法が異なるため、市長は閉め出される可能性が出てきている。詳細情報はURL(http://sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2005/10/04/BUG3NF215T1.DTL)で知ることができる。Mike LangbergはSan Jose Mercury Newsで2005年10月19日に、Googleがサンフランシスコで無料で提供するというWi-Fiサービスについて、そこにBig Brotherが潜む可能性を指摘した。つまり、Googleが無料で提供するというWi-Fiサービスは、そのネットワークであなたがいる場所を正確に知り、そのちょうど2、3のブロックの中で関連する広告を掲載する新しいオンライン環境を構築し、その広告費で運営費を捻出すると言う、そこまでは了解できるが、その逆も可能と言うことであり、誰が今どこにいるかというデータを蓄積し、分析することで個人の行動を監視する不正使用も可能になるということにもなり、Big Brotherとして活動する要素を含んでいる。これからは、一見便利で無料だからと飛びつくと、全ての行動が企業や政府に筒抜けになる可能性がある。詳細情報はURL(http://www.mercurynews.com/mld/mercurynews/business/technology/12939855.htm)で知ることができる。MediaPostPublicationsは2005年11月15日に「Google Bids To Give Mountain View Wi-Fi」を公開し、San Francisco全市をWi-Fiで覆う計画「Wi-Fi over San Francisco」の一環として、カリフォルニア州マウンテンビュー市議会(The City Council in Mountain View, Calif.)は2005年11月15日、Google社が住民約7万人に無線インターネット接続を無料で提供する計画を満場一致で承認されたと報告した。詳細情報はURL(http://publications.mediapost.com/index.cfm?fuseaction=Articles.showArticleHomePage&art_aid=36308)で知ることができる。任天堂は2006年1月26日に、2006年3月2日に「ニンテンドーDS」の上位モデルにあたる「ニンテンドーDS Lite」を発売すると発表し、ロイターやWashington Postは2006年2月15日に、任天堂が日本語版「ニンテンドーDS」向けとしてWi-Fiを視野に入れた「ニンテンドーWi-Fiコネクション」をオープンすると同時にOpera Software社と提携し、、デジタルTVやWebブラウジングを楽しめるようにしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/060126.html)または、URL(http://go.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=technologyNews&storyID=11220742&src=rss/technologyNews)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/15/AR2006021500383.html?nav=rss_technology)で知ることができる。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はURL(http://wifi.nintendo.co.jp/)にある。San Francisco Chronicleは2006年4月6日に、サンフランシスコ市は2006年4月5日に、サンフランシスコのWi-Fi構築プロジェクトを評価する都市の委員会によって推薦されたGoogle社とEarthLink社のハイテクチームが、他の5社の提案を退けて、選ばれたと報告した。ギャヴィン・ニューサム市長(Mayor Gavin Newsom)によって擁護されたこのプロジェクトは、都市の技術資格証明書の上で、インターネットが持てる者と持たざる者の間にデジタル・デバイドを埋めることを助けることが意図され、2社は約US$1200万と見積もられている予算を分担し、2006年末までにサンフランシスコ市内の家庭や公園などで無線LANを利用できるようになり、サンフランシスコ市は一切の資金を提供しないで、実際にはWi-Fiアンテナのための止まり木として都市の一部を賃貸することによって、いくつかの料金を得ることができるようになる。そしてこの方式が成功すると、世界中でWi-Fiが一気に広がる可能性が出てくる。都市単位で高速Wi-Fiが構築できれば、その都市内での旧来型電話局交換を利用している携帯電話の需要は急激に減ることになり、全都市圏でWi-Fiが構築されないと、インターネットの利用が空気のようにならない!
まさに「The Myth of Municipal Wi-Fi Networks」の実現に向けて、2006年の年末から騒々しくなることが予測される。それと同時に、古くさく、時代を暮れの政治家が権力を持っている大都市は、どんどん時代に取り残され、また、いくつかの都市は大失敗をして、一部の政治家のICT知識の低さが暴露されることにもなる。詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2006/04/06/GOOGLE.TMP&type=tech)で知ることができる。San Francisco Chronicleは2006年5月10日に、プライバシー擁護派である北カリフォルニアACLU(Northern California ACLU)、電子フロンティア財団(the Electronic Frontier Foundation)、および電子プライバシー情報センター(the Electronic Privacy Information Center)が、野心満々のSmart Valley Initiativeに参加している34のシリコンバレー自治体へ、無料の無線LANインターネット接続サービス計画に関して警報を発したと報告した。無料の無線LANインターネット接続サービスを囲む熱狂でしばしば無視されて、何かに軽く打ち込んでいるが、これまでにサービスを提供するためにひつようなビジネスの大部分には、ビジネスモデルがあり、そこで登場する通貨は、ユーザーの個人情報になる。私たちは物凄い機会で、行方不明にさせられるかもしれない。Smart Valley Initiativeは、少なくとも、活発に公衆のユーザーが何であるかに関する議論に引き込むことが必要であり、無料の無線LANインターネット接続サービスの提供のお返しとして、個人情報を引き渡すことを望んでいまないということを、入札者に知らせる必要がある。米国中の都市と町は熱心に無料の無線LANインターネット接続サービスを追求している。湾岸地区は責任を持って、前向きなモデルを提供すべきといえる。無料の無線LANインターネット接続サービスは多くの自治体のための地図にない地域になり、そして、どんな業者もプライバシーと、収益性とセキュリティの間でバランスをとることは、簡単でない。しかし、これは公衆のためのサービスであるべきで、そして、私たちのプライバシーは優先順位リストの下部に動かすことができないと警告している。つまり、地図にない地域を作り、その中でしか生活できなくすることによって、オープンな環境という名目で閉鎖空間を作り、その中で個人の行動をすべて管理し、すべての収益を吸い上げることで無料の無線LANインターネット接続サービスを実現すると言うことになりかねない。それを拒否すると、拒否した人は地図にない地域に入れなくなり、個人としての存在を消されることになる。もう少し、自由な空間を作るべきだと言うことで、冷静に考える必要がある。ただだ!自由だ!といって、現実はすべての生活が管理され、吸い取られる空間ができあがる可能性は、実に高い!詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/chronicle/archive/2006/05/10/EDGDOIJKE11.DTL)で知ることができる。TelephiaのNew ProductsのVPであるKanishka Agarwalは、「所得水準、民族のミックス、および平均年齢を含んだ、いくつかの要素が大都市の市場で異なって、無線の代替の速度に影響を及ぼしています。」と分析している。デトロイトとミネアポリスでは、それぞれ19と15.2%の家庭で無線電信代替率を掲示した。タンパ都市エリアは、約17万7000の家庭を代表して、15.1%トのレートを保証した。アトランタの約21万9000の家庭とワシントンDCの22万の家庭が有線を止めた。サンフランシスコはリストの下部で、レポートによると、サンフランシスコの都市エリアは5.5%(約10万5000の家庭)が無線の代替率を掲示した。Kanishka Agarwalは、「サンフランシスコ市民は伝統的に先進技術の初期採用者です。トポロジーと帯状になる理由で、サンフランシスコのモバイル・ネットワークは他の先頭を行く都市と比べるほど信頼できません。そして、それはそれほど魅力的でない代用品です。」と言い足しました。米国など、有線を確保するには土地が広すぎる場所では急速にWi-Fiへ移動している。1年前には、こんな馬鹿げたことで悩んでいたのかと思うほど、時代は急速に変化している。このスピードに対応できない企業や政治家は、早く引退すべきで、多くの携帯電話事業者は、まだ携帯電話にこだわっていることから、ソフトバンクは、良いタイミングで無線環境に参入したのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=061103)で知ることができる。RCR Wireless Newsは2007年4月23日に、FCC(Federal Communications Commission)が提案している公安と一緒に使うことになる無線帯域700MHzの禁止事項に関する質疑応答は、ほとんど聞き取れないほどの大論争になったと報告した。何しろ、公安と一緒に使うことになり、さらに無線環境でのブロードバンドが実現できる第4世代無線帯域となれば、米国中の通信関連から、とくにGoogleの意気込みは並大抵ではない!これまで噂になっている「Google phone」の実現が、そこに掛かっている。21の中小サイズ無線電信とワイヤーラインキャリヤー、州監督官庁の連合は、広い地域での無線聴取許可証を好み、FCCもその方向に向かいはじめている。GoogleはFCCに、 「Balanced Consensus Planの提案者によって役立たれるか、または提案される。より田舎の領域で多くに役立つように理想的に700MHzのバンドのユニークな技術的な属性を与えることは、重大事です。」といい、この連合に含まれているのは、Dobson Communications社、Leap Wireless International社、MetroPCS Communications社、U.S. Cellular 社、the Rural Cellular Associationだけである。Cellular South社のVictor Meenaは下院電子通信小委員会(House telecom subcommittee)の前で、「FCCに対にされたスペクトルが、複数の中小ブロックがないと、すべての小さい地方の通信会社は、スペクトルの1か 2ブロックでやむを得ず互いを競争することになる。大きな通信会社は自分たちに非常に大きいスペクトル・ブロックを持つでしょうがさらに小さな通信会社はそれらのライセンスのためにオークションで競争することができない。」と証言した。つまりは、中小を限定し、そこから溢れたら通信事業で競争できなくなるので、将来の生死が掛かっている。詳細情報はURL(http://www.rcrnews.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20070423/FREE/70419016/1005/rss01)で知ることができる。こんなことになるのも、米国の場合、無線帯域の多くが米軍に牛耳られ、その隙間を突いて、公安と相乗りの無線帯域が確保できるというのですから---もっとも公安と相乗りと言うことで、かなりの規制があり、それをかいくぐって参加できるか、落ちこぼれるか今後が見物だが、すべての連邦通信委員会委員長には、彼の終身在職権における1か2つの遺産決定的瞬間がある。現在のFCC委員長のケビン・マーチン(Kevin Martin)は来たる週に、それらの瞬間の1回目に面している。FCCは水曜日に、みんなの目の前で最も有益なスペクトル・オークションに関する諸条件を設定し始めるオーダーを採用すると予想されていて、生涯における最後の重要なオークションになると報告している。詳細情報はURL(http://www.publicknowledge.org/node/916)で知ることができる。夢のブロードバンド無線LANが実現できると、米国の通信オークションでもっとも注目されているされていた「700MHz」のオークションについて、 2007年6月1日にNew America Foundation Senateフォーラムで、オークションがどう新しい競争相手を広帯域の市場に運び込むことができるかについて議論されたが、欠陥が表面化し、New America FoundationのWorking Paperで「Spectrum Auction Breakdown(帯域オークションが故障)」を公開した。とんでもない結論が出てしまった。New America Foundationは現在のFCCオークションの規則で新しい国家の競争相手の出現を防ぐ、「報復的な入札(retaliatory bidding)」と「ブロッキング(blocking)」で、現職の無線プロバイダを従事させることを示すエコノミストのグレッグ・ローズ(Greg Rose)によるWorking Paperをリリースした。New America FoundationとPISC(Public Interest Spectrum Coalition)は、700MHzの今度のスペクトル・オークションに関するFCCのFurtherルール設定に関する告示に対応してコメントをファイルした。ファイルされたコメントでは、競争の激しいエントリーを奨励するために「匿名」の入札、現職の除外、「オープンな(大量)アクセス」、他のメカニズムなどの規則を採用することによって無線広帯域サービスの競争を最大にするように委員会に促している。詳細情報はURL(http://www.newamerica.net/programs/wireless_future#)または、URL(http://www.newamerica.net/publications/policy/spectrum_auction_breakdown)または、URL(http://www.newamerica.net/files/WorkingPaper18_FCCAuctionRules_Rose_FINAL.pdf)または、URL(http://video.google.com/videoplay?docid=-7569362162239775802)で知ることができる。webpronews.comは2007年7月27日に、FCC長官のケビン・マーチン(Kevin Martin)が2008の帯域オークションに向けて最終判断をする時期に来たと報告した。Google社は入札に向けて、ある額の付け値を約束すると共に、4つの要求を出した。時間と共に、最終段階に向かうとき、AT&TはGoogle社が出した4つの要求に対して新しい反対意見を提出し、FCC長官ケビン・マーチンは半分それに同意し、その考えにベライゾンも了承した。FCC長官ケビン・マーチンの新しい方法は、2007年7月31日に投票され、そして2008年の前半にオークションが実施される。FCC長官ケビン・マーチンは、2007年7月31日の投票前に、ある程度歩み寄っても構わないと考えていることも明らかにしているとも報告している。詳細情報はURL(http://www.webpronews.com/topnews/2007/07/26/martin-rejects-googles-proposal-what-next)で知ることができる。FCC委員長ケビン・マーチンの700MHzオークションに対する考え方として2007年7月27日に、The Hillではケビン・マーチンとのQ&Aも公開されている。詳細情報はURL(http://thehill.com/the-executive/wireless-spectrum-auction-presents-unique-opportunity-says-fccs-martin-2007-07-27.html)で知ることができる。