UC CYBERNET CARD

サイバーネットカード

UCカードが、通商産業省(当時)支援の「電子商取引実証実験」とECOM(電子商取引実証推進協議会)への参加活動を通じて取り組んでいる、インタ−ネット上のオンラインショッピングを可能にする実験で使用しているクレジットカ−ドの名称。電脳(CYBER)空間に網を張った(NET)世界で、自由自在に電子商取引を可能にするクレジットカ−ドということから命名された。詳細情報はURL(http://www.uccard.co.jp/)で知ることができる。UCカードは1998年11月4日に「UCサイバーモール」を全面的に刷新して「SET1.0」に対応させ、利用者がパソコンにインストールる必要がある電子サイフ・ソフトをインターネットからダウンロードできるようにした。また、個人の趣味に合わせた商品販売画面のカスタマイズド・システムも導入した。