u-Japan構想

ユビキタスネット・ジャパン構想

今までの目標であったIT(Information Technology)社会から一歩進んだ、ICT(Information and Communication Technology)の社会を目指す総務省を中心とした構想の名称。「あらゆる人や物が結びつく(Connection)」「人に優しい心と心の触れ合い(Communication)」「個の活力が湧き上がる(Creativity)」を理念に、生活者のニーズを基盤として問題を解決し、ユビキタスネット社会に向けてICT産業を活性化し、ユビキタスネット社会の障害や不安を解消することが求められ、さらに、「プライバシーの保護」「情報セキュリティの確保」「電子商取引環境の整備」「違法・有害コンテンツへの対応」「知的財産権への対応」「新たな社会規範の定着」「情報リテラシー」「散る敵ディバイドの克服」「サイバー対応の制度」「観光の整備」などの問題を解決することが重要になる。2004年3月1日に第1回ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会が開催され、2004年3月5日には「ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する調査研究会」が開催され、2004年3月30日に「ユビキタスネットワーク時代における電子タグの高度利活用に関する調査研究会最終報告書(案)」に対する意見募集の結果とともに、「ユビキタスネットワーク時代における電子タグの高度利活用に関する調査研究会」最終報告があり、2004年5月12日に「平成16年度情報通信月間」として、2004年5月15日〜6月15日期間「知りたい近づきたいふくらむ好奇心ユビキタス・ジャパン!」として構想が登場した。2004年6月10日には「ユビキタス時代における航空・海上通信システムの在り方に関する調査研究会」報告書を公表した。2004年6月28日に、ユビキタスネットワーク社会の実現に向けて、タイで2004年7月1日にAPT(Asia Pacific Telecommunity/アジア太平洋電気通信共同体)加盟32ヶ国の電気通信大臣などがアジア太平洋ブロードバンドサミットを開催することを発表した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/yubikitasu_j/040301_2.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040305_8.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040330_4.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040512_1.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040610_2.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040628_3.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040702_4.html)で知ることができる。総務省は2004年7月1日に、「ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会」中間とりまとめを公表した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040701_1.html)で知ることができる。2004年8月6日に「ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する調査研究会」最終報告をした。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040806_4.html)で知ることができる。総務省は2005年3月24日に、ユビキタスネット社会(u-Japan政策)の進展による環境負荷低減効果(2010年)を明らかにするために設立された「ユビキタスネット社会の進展と環境に関する調査研究会」が報告書概要を公開した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050324_3.html)で知ることができる。Globetechnologyは2005年11月25日に、AP通信からの情報として、携帯電話やデジタルカメラなどに導入され、Flashメモリが低価格化し、学校や図書館で使用されている公共のパソコンでも、FlashメモリドライブをUSBポートに接続するだけで、個人のパソコンに早変わりするシステムをEastside Preparatory School in Kirkland, Washで導入したと報告した。これまではパソコンなどのハードディスクをパーティションで区切って、ID管理されてきたが、IDで管理した場合、完全に独立しているわけではなく、あくまでもパソコンのハードディスク内にデータがあり、のぞき見される可能性があり、個人でハードディスクを持ち歩くには大きくて重荷になっていたが、小型のFlashメモリドライブをUSBポートに接続するのであれば、持ち運びも容易で、Flashメモリの容量も大きくなってきていることから、る公共のパソコンで個人の情報を管理するのには、現在のところ最適かもしれない。そのFlashメモリドライブを自宅のUSBポートに接続することによって、自宅のパソコンとの共有も可能になる。問題は、フロッピーのときに起こった、ウイルスの拡散にあるが、公共のパソコンにはROMにOSやアプリケーションを搭載し、ハードディスクを持たせないシン・コンピュータにすることで防げるが、さらに問題はOSやアプリケーションのバージョンアップにどう対応するかと言うことになる。詳細情報はURL(http://www.globetechnology.com/servlet/story/RTGAM.20051007.gtflashoct7/BNStory/Technology/?page=rss&id=RTGAM.20051007.gtflashnov25)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。総務省は2006年6月1日に、「u-Japanベストプラクティ事例集」を公表した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060601_1.html)または、URL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060307_1.html)で知ることができる。総務省は2006年9月5日に、「ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会」でユビキタスネット社会における制度的課題について検討した報告書「ユビキタスネット社会の制度問題検討会報告書」を公開した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060905_5.html)で知ることができる。総務省は「ユビキタスネット社会」を2010年までに実現することを目標に据え、2006年9月8日に「u-Japan推進計画2006」を公表した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060908_3.html)で知ることができる。


ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会(第1回 )議事次第資料1.「ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会」開催要綱(案)
資料2.「ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会」開催スケジュール予定(案)
資料3.ワーキンググループ(WG)の設置について(案)
資料4-1.2010年ユビキタスネット社会
資料4-2.本懇談会が目指すもの
資料5.IT戦略本部におけるe-Japan戦略の概要
ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する調査研究会開催のリリース
参考1.ユビキタスセンサーネットワーク技術の将来の利用イメージ
参考2.ユビキタスネットワーク社会におけるセンサーネットワーク技術の位置付け
提出された意見の概要
「ユビキタスネットワーク時代における電子タグの高度利活用に関する調査研究会」最終報告
今後の総合的な推進方策-1
今後の総合的な推進方策-2
今後の総合的な推進方策-3
今後の総合的な推進方策-4
今後の総合的な推進方策-5
今後の総合的な推進方策-6
最終報告概要電子タグの高度な利活用に向けた取組-1
最終報告概要電子タグの高度な利活用に向けた取組-2
知りたい 近づきたいふくらむ好奇心ユビキタス・ジャパン!
ユビキタス時代における航空・海上通信システムの在り方に関する調査研究会報告書
報告書概要
アジア太平洋ブロードバンドサミットの結果概要
別添1.ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会中間とりまとめ
別添2.ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会開催要綱
ユビキタスセンサーネットワークの実現に向けて最終報告/表紙・目次
第1章はじめに
第2章国内外におけるセンサーネットワーク関連技術の動向
第3章ユビキタスセンサーネットワークの将来ビジョン
第4章ユビキタスセンサーネットワークの要素技術
第5章ユビキタスセンサーネットワークの実現による社会的・経済的効果
第6章実現に向けた課題
第7章今後の推進方策
参考1諸外国におけるセンサーネットワーク関連技術への取り組み その1
参考1諸外国におけるセンサーネットワーク関連技術への取り組み その2
参考2我が国におけるセンサーネットワーク関連技術への取り組み
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)1
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)2
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)3
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)4
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)5-1
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)5-2
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)6
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)7
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)8
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)9・10
参考3ユビキタスセンサーネットワークを利用したアプリケーション(個表)11
参考4センサーネットワークプロトコル(例)
参考5ユビキタスセンサネットワークに対するセンサ普及の課題と対応
参考6監視カメラ設置とプライバシー問題
参考7電子タグに関するプライバシー保護ガイドライン
「ユビキタスネット社会の進展と環境に関する調査研究会」が報告書概要
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」
「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」
総務省が2006年6月1日に公開したu-Japanベストプラクティ事例集
総務省が2006年9月5日に公開したユビキタスネット社会の制度問題検討会報告書
総務省が2006年9月8日に公開した「u-Japan推進計画2006」

ユビキタスネット社会憲章
ユビキタス・コンピューティング
RFID(Radio Frequency Identification)タグ
ICT(Information and Communication Technology)
ICタグ
未来の店舗
ユビキタス・コンピューティング
ユビキタス・バリュー・ネットワーク
Auto-ID
EDRi(European Digital Rights)
ハイパータグ
ミューチップ
スパイ・チップ
ナビゲーションカート
ACCUWAVE
ユビ・コンプ
PLUコード
キッズ・セーフティー・パス
VeriPay
wOz(Wheels of Zeus)
UHF
ID SNIPER
無線ICタグ
ユビ・コンプ
マルチアプリケーション
マルチアプリケーション
マルチフォーマット・レコーダー
PARC
U-Commerce
PARC
スマートルーム
ウェアラブル・コンピュータ
オブジェクト指向
インタフェース
液晶ディスプレイ
レーザー・プリンタ
マウス
Ethernet
GUI
AFP(Advanced Function Printer)
CyberHome
PostScript
アイコン
ダイナブック
マルチウィンドゥ
Information At Your Fingertrips
富士ゼロックス新総合研究所
SET
Merkleのパズル
PARC
Jasmine
Open Platform Users Group
VISA Open Platform
ネットプレナー
情報視覚化技術
モービル・コンピューティング
モバイルPentium II
Pentium II
Klamath
MMX
Pentium Pro
Deschutes
iCOMP
アーケード・ゲーム
ECC(Error Collection Code)
パソコン自動車
Tillamook
F0ファイター
カーナビ・インターネット接続
Katmai
Deschutes
3DR
セット・トップ・コンピュータ
Covington
Celeron
BeOS
モービル・コンピューティング
GSM
PDA
PC-99
AGP
Intel740
マルチメディア移動アクセス
ウォレットPC
MOBE
FSNOTE
モバイル通信スクリプト・システム
BIOS
Windows CE
バーチャル・オフィス
ピノキオ
Mobile Gear
モバイル・オフィス
GENIO
UMA
PMC(Personal Mobile Communicator)
モバイル・アクセス・インタフェース
モバイル・アクセス・インタフェース
DTI モバイルコンピューティングプラン
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
MobileLink
テレコミュート
TCA
ThinkPadの主な系譜-1
ThinkPadの主な系譜-2
EPOC32
DoPa Mobile Service
新幹線モバイル
MoMuC
MIU
日本モバイルブロードキャスティング
ドコモタウン
ANA遊遊ナビ
でんわなび
Dreamcast
SHマイコン
MBTマネジャー
Pentium IIプロセッサ・モバイル・モジュール
IA-64
国際ワイヤレス/モバイルソリューション展
Macintoshエミュレータ
Windowsエミュレータ
エミュレータ
PHS-ODS
ベアラ識別転送機能
IBM eNetwork/1
ナチュラル・コンピューティング
Deep Computing
PCグラストロン
M3
PCIバス
Concept PC
ピラミッド計画
DcubeFORM for FormWave
Dixon
NetDealers
スペースファインダー
オスロ大学ハッキング事件
モバイル関連情報のURL
Pentium III
携帯電話インターネット接続
SIMD
Geyserville
DigitalDNA
ベビー・ビル
ストリーミングSIMD拡張命令
デスクトップ・モバイラー
IPS(In Plane Switching)
インターネット上のお墓
インビジブル・コンピュータ
AUTOTAB
LINコンソーシアム
IPTS(Institute for Prospective Technological Studies)
Roentgen
Land Warrior計画
体感マウス
MPC(Mobile Productivity Center)
MobileAria
MobilEye
「マルチメディア高度情報通信システム」プロジェクト
Car.NET
分散システム/インターネット運用技術研究会
液晶先端技術開発センター
echarpe communicante
IPCarシステム
CardBay
Virtual Supercomputer
ビジョン・パッド・アイデンティファイア
フルホステッド・オペレーティング・システム
スーツ型コンピュータ
Circadium
The Disappearing Computer
Liberty Alliance Project
WatchPad
オーセンティック・カラー
Hannacroix
ユビキタス・バリュー・ネットワーク
Grid
Globus Project
Grid Engine Project
DTF(Distributed Terascale Facility)
cell computing
POSTUB
OTG(Object Technology Group)
bodynet
Meta Pad
Worldwide Computer
電子粉流体
ファッションと服装の歴史
Multi-University Research Laboratory
MXI
T-Engine
CIS(Center for Internet Security)
GGF(Global Grid Forum)
G-BOOK
Pal-Viewシステム
地上波デジタル・ラジオ
CoBIT(Compact Battery-less Information Terminal)
CSRDA(Cyber Security Research Development Act)
Internet warに関する参考文献
広帯域革命
光ファイバー・ケーブル
レゾナント・コミュニケーション
ユビキタスIDセンター
知識鉱脈
エントロピー
情報エントロピー
軍事IT
モバイル・ワーク
CNA(Computer Network Attack)
Stratcom(U.S. Strategic Command)
CATCH(Computer and Technology Crime Hi-Tech Response Team)
NHTCU(National Hi-Tech Crime Unit)
Webカメラ
OeBPS(Open eBook Publication Structure)
ΣBook
e-airportプロジェクト
OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)
VMDT(Video Mobile Data Terminal)
パブリックビジネス
回収代行
EVI(Electronic Vehicle Identification)
センサーネット
パワーフリー
eBooksの死亡宣告?
Media Center PC
BIPA(British Internet Publishers' Alliance)
NTSB(National Transportation Safety Board)
UC(Ubiquitous Communicator)
BBeB(Broad Band e-Book)
電子書籍元年
OMG
ブロードバンド放送
書籍配信サービス
P2P
SIP(Session Initiation Protocol)
SIMPLE
Teacube
UOPF(Ubiquitous Open Platform Forum)
Mobipocket
Open Park Project
Hotspots for democracy
EMBLAZE
明らかにされた読者の目の秘密
TesStar
EPC Network
EPC(Electronic Product Code) Global
Web-Weave
Asymmetric Warfare
Kyoto Protocol
ILS(Implant Location System)
炭素万博 2005
CCB Standards
次世代IPネットワーク推進フォーラム
エコロジカル・フットプリント
DHT(Distributed Hash Tables)
Project Higgins
気候変動に対応するための長期的協力の行動に関する対話
Kindle