VideoToaster

ビデオ・トースタ


米国のNewTek社が開発したAmiga専用グラフィックボードの名称。これをAmigaに搭載することにより、モニタやハードディスクなどの周辺装置を含めて150万円前後の価格で、一昔前なら数千万円もしたデジタル映像制作のためのスタジオ機材と同等の役目を果たすものができるようになった。Macintosh版のVideoToasterも登場した。VideoToasterは四つのチップとフルカラー・フレームバッファで構成されたボードとソフトウェアのパッケージになっている。機能はビデオ入出力、280種類以上のデジタル・ビデオエフェクト、α-チャンネルによる画面合成、色補正や階調調整による特殊効果、キャラクター操作、ペイント系グラフィック・システム、3Dアニメーション・システムなどである。日本語版ボードも用意されて、日本語のキャラクタが使える。