Viral Marketing

Ideavirus

口コミ・マーケッティング>>バイラル・マーケッティング>>知の連鎖マーケティング>>ウイルス型マーケティング

Viralとは「ウイルスのように」「ウイルス的な」という意味があり、口コミによってウイルスが感染していくように噂が噂を呼び、情報が拡大し、ブランドとして商品価値を高めるときに利用されることが多いマーケッティング技法の名称。とくに誰でも簡単に情報提供できる環境がインターネットや電子メールで確立され、口コミの怖さも同居するようになってきている。口コミの怖さは、回転が逆になると想像を絶する結果を生むこともある。また、電子メールなどを利用して嘘情報を流し、株操作をすることは「風説の流布」として法律で禁止されている。また、セス・ゴーディン(Seth Godin)が執筆したUnleashing the Ideavirusという本の日本語タイトルで、パイルスとはウィルスの英語発音で、アイディアをウイルスのように伝染して拡散させるマーケティング技法として登場している。つまり、インターネットやパソコンの社会で脅威的に扱われるウィルスの伝染能力をマーケティング技法としてオプティミスティックに思考して活用する。バイラルマーケティングの全文がURL(http://www.ideavirus-j.com/)でダウンロードできたことから、2001年3月17日現在で、ITビジネス書籍の売上ランキングで3週連続トップをキープしたということである。
2001年8月23日に米国のBrass Eagle社のWebサイトに不正侵入したクラッカーが、メーリング・リストに登録している約1万5000名の会員に対して偽の決算報告書を電子メールで送信したことにより、マーケットは大混乱し、ナスダック株式市場を2時間以上にわたって売買停止にしたことを、FBIに報告した。今後、サーバー管理の甘い企業はこのようなテロを覚悟する必要が出てきた。また、個人的にも自宅のパソコンが乗っ取られ、本人以外があらぬ情報を知人などに送信して混乱を起こす可能性もある。日本ではYahoo!でマーケティング担当副社長を務めたセス・ゴーディン(Seth Godin)の著書「Unleashing the Ideavirus」が「バイラルマーケティング」という邦訳で出版されている。詳細情報はURL(http://www.ideavirus.com/)または、URL(http://www.ideavirus-j.com/)で知ることができる。Stanford Persuasive Technology Lab and Makovsky & CompanyによるWebの真実性調査2002報告「Stanford-Makovsky Web Credibility Study 2002」が公開された。詳細情報はURL(http://www.webcredibility.org/pdf/Stanford-MakovskyWebCredStudy2002-prelim.pdf)で知ることができる。
NEWSgristは2005年1月20日にGeorge Pendleによる「Small But Tough」で20秒間フォルクス・ワーゲンの偽広告を紹介し、2005年4月7日にViral Marketing効果について全文をFRIEZEから転載した。詳細情報はURL(http://newsgrist.typepad.com/underbelly/2005/01/fake_vw_ad_flap.html)またが、URL(http://newsgrist.typepad.com/palladio/2005/04/via_frieze_info.html)で知ることができる。
AdAgeは2006年1月19日に、Matthew Creamerはノースイースタン大学(Northeastern University)の助教授(assistant professor)ウォルター・カール(Walter Carl)が800人以上の口コミエージェントと彼らがブランドについて話した人からのデータを選別した新しい研究について、コラム「Disclosure and Word-of-Mouth Marketing(公開と口コミ・マーケティング)」を公開し、友人か親類の話は、宣伝文句に従事させていた情報より気にかけていると報告している。詳細情報はURL(http://adage.com/news.cms?newsId=47532)または、URL(http://www.atsweb.neu.edu/w.carl/)で知ることができる。
Walter Carlはレポート「To Tell Or Not To Tell? Assessing the Practical Benefits of Disclosure for Word-of-Mouth Marketing Agents and Their Conversational Partners」と「What's All The Buzz About?: Everyday Communication and the Relational Basis of Word-of-Mouth and Buzz Marketing Practices」を2006年に公開している。
米国の調査会社Sharpe Partners社は2006年1月25日に、「Nearly 90 % of Internet Users Share Content via Email According to Sharpe Partners' Study on Viral Marketing」を公開し、ユーモラスな内容のものが圧倒的に多く、「ジョークや漫画」が88%を占め、2位以下は「ニュース」が56%、「健康・医療情報」が32%、「宗教・精神世界」が30%、「ゲーム」が25%、「ビジネス・個人向け金融情報」と「スポーツ・趣味」ともに24%などで、口コミ・マーケティングの効果が絶大であることを報告した。詳細情報はURL(http://www.sharpepartners.com/news/news_2006_jan_25_pr_01.shtml)で知ることができる。
「kizasi.jp」を運営するシーエーシー(CAC)は2006年1月30日から、キーワードがブログ上でどのように話題になっているかを時系列にグラフ化して表示するサービス「ブログクチコミサーチ by kizasi」のベータ版を公開した。詳細情報はURL(http://biz.kizasi.jp/)で知ることができる。
Mediaweekは2006年8月31日に、多くのマーケターが2007年にブログと公共フォーラムに広告を出すことを計画しているが、Jupiter Researchからの新しいレポートによると、それらのメディアを信用できると考えているユーザーは少ないと報告している。それでも広告主は信用できるというより、新しい信用できないがウイルスのように浸透していく広告戦略を選び出している。製品購入を熟考するとき、消費者の21%だけがソーシャル・メディアの製品情報を信じているだけで、 消費者は法人ウェブサイトに関する情報を信じている。それにもかかわらず、2006年8月29日にニューヨークで調査されたJupiter Researchでリリースでは、調査された広告主の約20%が、商標を浸透させることを目的に2007年ウイルス型マーケティングを使用することを計画していたのがわかったと報告している。米国ではこれまでのようなテレビ広告や新聞広告のような形式的な広告の効果が完全に時代遅れになりはじめたということで、考えてみれば、広告とは、自社製品の売り込みだけを主目的にしてほとんど真実では無いことはユーザーが一番している。信用できる商品に乗っかって、自社製品の信用を得ようと言う考えより、口コミでどんどん人の噂になり、商品を売っていくという戦略の方が現実的ということだろう。その典型がパリス・ヒルトンの戦略で、誰も信じていないが、検索トップ10でトップになり、ほとんど映画に出ないで、2005年映画スター・ランキングのトップ25で、トップ5に入ってしまった。詳細情報はURL(http://www.mediaweek.com/mw/news/recent_display.jsp?vnu_content_id=1003085988)で知ることができる。
パリス・ヒルトンの戦略にるいてはURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4340)で知ることができる。任天堂は2006年11月14日に、「Wii」の動画広告をYouTube上に掲載した。詳細情報はURL(http://www.youtube.com/watch?v=CkS2DJ6VX_g)で知ることができる。
Media Guardianは2005年5月24日に、2005年5月23日の24時間ストの後、ほとんどの職員は出勤して働いているが、ストでの改善要求がほとんど受け入れられなかったことから、今度は31日の火曜日に48時間ストを実施する計画であると報告した。詳細情報はURL(http://media.guardian.co.uk/broadcast/story/0,7493,1490958,00.html)で知ることができる。
Media Guardianは2006年11月24日に、Leigh HolmwoodによるBBCのレポート「This is me, reporting for the BBC」を発表し、BBC News24がユーザーが発信するコンテンツに完全に基づくウイルス型ビデオ・ニュース配信を開始すると報告した。パイロット版「Your News」は2006年11月25日土曜日3:30 pmに開始し、テレビとインターネットの視聴者に最もポピュラーであると判明した話、特徴、およびビデオを放送した。詳細情報はURL(http://media.guardian.co.uk/broadcast/story/0,,1956485,00.html)または、URL(http://www.bbc.co.uk/bbcnews24/listings/programme.shtml?day=saturday&service_id=4352&filename=20061125/20061125_1530_4352_28675_30)で知ることができる。
The News 24のKevin Bakhurstは、新しい番組は、一般大衆によって日課のようにBBCへ提供された膨大な量のビデオ・コンテンツからいくつかを使用すると言っている。
BBCのニュースウェブサイトは話の内容を提案し、コメント、および写真やビデオを1日あたり約1万のメールで受け取る。毎週の番組は送られた質問に答えるセグメントと同様に一般大衆メンバーによって提起された問題に関するニュース記事などの項目を含むことになる。
BBCは、放送に使用したすべて素材に発信者名が記入されると言い、新しいBBC内部ガイドラインは最近、 ユーザーがコンテンツを発生させた場合の支払いについて発行した。
BBCは'特に社説で重要であるかユニークな'材料のための支払いを可能にしている。日本の日本放送協会(NHK)、日本民間放送連盟、日本テレビ放送網、東京放送、フジテレビジョン、テレビ朝日、テレビ東京、テレビ神奈川、朝日放送、讀賣テレビ放送、東海テレビ放送、衛星放送協会、スペースシャワーネットワーク、放送大学学園、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、実演家著作隣接権センター(CPRA)、日本レコード協会(RIAJ)、日本音楽著作権協会(JASRAC)、日本映画製作者連盟、日本映像ソフト協会(JVA)、日本動画協会、全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)、ヤフーの23団体はYouTubeに対して、2006年12月4日に著作権侵害ファイルのアップロードを防ぐ具体策を行うよう要請する書面を送付した。詳細情報はURL(http://www.jasrac.or.jp/release/06/12_1.html)で知ることができる。
これにより、日本の放送局をはじめとする企業や団体は、口コミのよる宣伝活動を拒否したことになり、ますますWeb2.0を拒否し、オールド・メディア化を推進することになった。Parks Associatesは2006年12月7日に、インターネット・ビデオ・コンテンツ市場予測レポート「Internet Video Revenues to Exceed $7 Billion in 2010」を公開し、2010年にはUS$70億市場になると予測した。
ただし、本格化するのは2008年からで、2007年の収入は85%がユーザーによるコンテンツ、テレビ、およびニュースストリームに取り付けられた広告収入になり、2010年にはテレビ番組と映画のダウンロード・レンタル・サービスが総収入の40%になると予測した。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/press/press_releases/2006/internet-video2.html)で知ることができる。
Center for Media Researchは2007年2月1日に、BIGresearchの1万5000人以上の消費者に対する最新の「Simultaneous Media Usage Study(同時多発発生メディア利用者研究)」によれば、雑誌「Time」が「 Person of the Year in 2006」で選んだ「you」とAd Ageの「the Agency of the Year 」で選んだ「the consumer」と共に、2007年のマーケターは、消費者のコントロール・コミュニケーション・モデルの新しい現実に直面したと報告した。
BIGresearchのCEOでプレジデントのGary Drenikは、「メディア環境のコントローラーとして、消費者の長期維持された上昇は、研究におけるいくつかの調査結果で明らかになり、そしてまた、多くの広告主が当てにした古いメディア配信モデルも破壊的です。」と解説している。
また、VP(BIGresearchのResearch)のJoe Pilottaは、より多くのメディアオプションがあり、成長するマルチタスキングするメディアでは消費者により少ない時間に対し、「同時に消費の間で起こるメディアの間欠使用法で予測された暴露が、他の多くのメディアオプションと共有され、決して起こらないかもしれない暴露をメディアモデルで当てにするマーケターに深刻な問題を起こす。」と結論を下した。どのメディアに影響を及ぼすか尋ねられると、様々な製品カテゴリのために彼らの選択に沿った消費者の広告主費用は大部分が購買決定につながらないとレポートは報告している。
つまり、調査における消費者は、広告費を出す場所と同じページにいるとは限らなくなった。Joe Pilottaは、「オンライン検索などのニューメディアオプション、ブログ、メール、テキスト・メッセージング、ビデオ、MySpaceやYoutubeなどのストリーミング、そして、ソーシャル・ネットワークは口コミ宣伝を広げ、伝統的な広告の多くにおいて、より関連しないようになっています。」と分析している。レポートによって、94.2%の消費者が定期的かときどき製品、購入したサービスに関してアドバイスし、また90.8%は仕入れる前にときどき製品とサービスに関して助言を求めるのが判った。この調査結果は、これまでの既存広告の世界が根底からひっくり返ると言うことになった。詳細情報はURL(http://www.bigresearch.com)または、URL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=070201)で知ることができる。
Wall Street Journalは2007年2月20日にPaul Vignaのコラム「Content Will Always be King」を公開し、Googleで席を立ち、YouTubeから10万以上のクリップを削除するように要求したViacomのように、多くのメディアは交渉戦術としてGoogleの提案を却下したが、メディア学者でWeb acolyte(Web従者)のジェフ・ジャービス(Jeff Jarvis)は「馬鹿(fools)」と簡潔に評価したと報告した。インターネットが音楽産業を非常なほど徹底的に打ち、ほとんどの人々は、同じ不公平な戦いがビデオ配信でも突発すると仮定している。
無力なおたくのマスコミ関連巨大複合企業キャストで、大規模な「私はMac、私はPC」と同じ闘争になるだけであると報告している。YouTubeは、「テレビの劇場を再発明しました」ということであるが、しかし、放送局はインターネット福音者(Internet evangelizers)に卑屈に追従する必要はない。
なぜなら、オーディオとビデオ配信の間には、重要な違いがある。YouTubeのようなウェブサイトはファイル・スワッパーが音楽関係者を苦しめたほど容易にネットワークをひっくり返すことができないだろうと予測している。そして、Viacomはそれが見つけることが目標であったかもしれない。なぜならViacomは2007年2月19日にJoost.comに認可する動きを見せ始めたと報告している。いずれにしても、YouTubeが再発明した「テレビの劇場」を活用し、著作権や知的所有権にこだわりすぎないことで、問題は、どのようにそれを活用するかと言うことで、音楽業界ほど急速ではないが---テレビ業界にも真冬が来ることだろう。日本のテレビ局が、Viacomのしたたかさを持っているのかである。詳細情報はURL(http://online.wsj.com/article/SB117203076381914611.html?mod=todays_us_opinion)で知ることができる。
Nielsen//NetRatingsが2007年3月29日に発表した情報によると、2007年2月の時点で、Celebrity gossip(有名人のゴシップ)ニュース関連の19のサイトの選択されたサンプルが年間40%増加していた。また、訪問者はこれらのサイトで、より多くのコンテンツを見て、総Webページ・ウェブ・ビューが108%増加していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_070329.pdf)で知ることができる。
Center for Media Researchは2007年12月18日に、Keller Fay Groupが広告を追求して、同じ目的の人がどのように動機付けをしたかという大量のレポートを公開しているWOM MarketingのBriefから、Bazaarvoice社が同じ意見を持つために、彼らを何で動かしたかを発見するためにオンライン批評家1,300人以上の情報から、調査した結果を発表したと報告した。
ここで言う「オンライン批評家」は、口コミ情報発信者で、彼らの影響が、市場を大きく左右し始めている。
あの「さえずり(twittering)」が、市場を動かし始めている。
これは巨額のTV広告は、入り口だけになったと言うことかもしれない。
とくに手頃な携帯電話を使った「さえずり(twittering)」が共鳴し始めている。
90%は、買いモノを決定をし、成功するのを助けるために他のレビューを書いた。
70%は、レビューを書いて、製品の改良を助けた。
79%は、会社に報酬を与えるためにレビューを書いた。
レビューの87%は、一般的に陽性であった。
調査データはBazaarvoice社からの前の分析に関する追加洞察を提供し、積極的なレビューが8対1で否定的な批評を十二分に補ったことを明らかにした。
Bazaarvoice社の創設者と最高経営責任者ブレット・ハート(Brett Hurt)は、傾向変動分析は、レビューが非常に積極的であることをその製品とサービスに示し、「これらの顧客は、他のものが個々の必要性に関して最も良い製品を見つけることを助けるために、正統な内容のバイタリティにあふれた源を提供した。」と言っている。
新しい調査によって、
79%のオンライン批評家は、レビュー共同体に与えて戻る方法として、レビューを掲示する活発なオンライン関係者であっや。
84%のオンライン批評家は、オンラインで製品を購入した。
77%は、1日あたり10以上のメールを送った。
25%は、ソーシャル・ネットワークに従事していた。
20%のオンライン批評家は、他の人々のブログかチャットルームでメッセージを投稿した。
60%のオンライン批評家は、製品経験に関して友人と家族に話した。
Keller Fay Groupの最高執行責任者ブラッド・ファイ(Brad Fay)は、オンライン批評家は、彼らがよく振る舞うブランドの報酬を与えたがっていると言い、「これは、彼らの経験に関して話すために、会社が誘っている消費者により快適であることを奨励するべきです。」と言っている。
1,300人のオンライン批評家が新しい洞察を、消費者のオンライン・フィードバックを掲示する場所へ、2007年8月、10月の間に提供した。
単独生産の19%のオンライン批評家によるポストがePinionsかCNETなどのサイトを批評し、想像以上に直接小売業者を自己Webサイトに張り出した。
買い物で、「マルチチャンネル」の普及を強調し、またオンライン批評家の65%以上が小売業者のサイトに戻って、オフライン購入に関するオンライン・レビューを残したことが調査によって判った。
これは、まさに口コミ・マーケッティングと呼ばれる「Viral Marketing」の実態調査結果である。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm)または、URL(http://www.bazaarvoice.com/pressrelease.php?id=18)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8159)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年1月28日に、Harris Interactiveによる調査によると、5人中3人(57%)が「Influentials(影響を与える人)」として、自動車に関して少なくとも非常に博識な人々を知っていたことが明らかになり、自動車を購入する場合、ほとんどが家族(60%)や友人(58%)と自動車について話していた。
自動車を購入する場合、周囲に相談しなかったNon-influentialsは、たった18%であったと報告している。
つまり、身近な素人プロが、新車購入に大きく影響していたことになる。
素人プロに快感を与え、優越感で選択させることが、新車販売で大きなエネルギーになる。
例えば、素人プロに自動車ショーなどの優待券を提供し、自慢の源を育成することが有効になる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/influentials-talk-about-automotive-brands-3211/)または、URL(http://www.harrisinteractive.com/news/allnewsbydate.asp?NewsID=1273)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8598)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年7月28日版最新レポート紹介で、Beeline Labs, Deloitte and the Society for New による調査レポート「The 2008 Tribalization of Business」を紹介し、オンライン・コミュニティを使用する組織調査によれば、オンライン・コミュニティで最大値は口コミで35%増強し、ブランド認知は28%増強し、新しいアイデアを組織により速く運び込みは24%で、顧客ロイヤルティは24%増強した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/word-of-mouth-insights-customer-loyalty-big-benefits-of-online-communities-5434/)または、URL(http://sncr.org/2008/07/15/word-of-mouth-insights-customer-loyalty-biggest-benefits-of-online-communities-says-new-study-by-beeline-labs-deloitte-society-for-new-communications-research/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10512)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月17日に、最後に、Ad-ologyによる「携帯電話購入と口コミ・レポート」を紹介し、最近携帯電話を購入した米国の消費者の61%は、オンライン製品レビューとユーザー・コメントに影響され、30%の購入者はブログによって同様に影響を及ぼされたと報告した。
追加調査結果:
* 評定されたオンラインブログとレビューが、より若い人(18--34歳)と、、平均か平均所得より高い消費者に影響を与えた。
* テレビ、新聞、およびダイレクトメール広告が最近の携帯電話購入者にとって、最も有力な伝統的なメディアであった。
* 調査された消費者の26.3%は、persoの代わりにオンライン・ショップでのモバイル/携帯電話を購入することを好むのを示した。
* また、調査応答者は、製品レビュー、ユーザー・コメント、およびブログが、エレクトロニクス製品を購入する他の消費者にかなり影響を及ぼしたことを明らかにしました。
* 購入要素として、携帯電話の価格はプランを評定するほど重要でなく、適用範囲の地域と、携帯電話製品の品質であると広く考えられたと報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/majority-of-cellphone-buyers-influenced-by-online-word-of-mouth-6437/)または、URL(http://www.newbusinesshunter.net/archives/224)で知ることができる。


1999年と2000年の10月、11月、12月のウイルス比較とその種類
日本が対象外になった2000年の世界のインターネット・ユーザーとe-commerce
The CDISS Databaseのテロの歴史
The CDISS Databaseのテロの歴史1945〜1949
The CDISS Databaseのテロの歴史1950〜1959
The CDISS Databaseのテロの歴史1960〜1969
The CDISS Databaseのテロの歴史1970〜1979
The CDISS Databaseのテロの歴史1980〜1989
The CDISS Databaseのテロの歴史1990〜1998
米国同時多発テロで登場したa Special Patriotic(愛国心) Page
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「涙を流す白頭鷲」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCと天子」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCとマリア」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「硫黄島占領とWTC」
a Special Patriotic(愛国心) Pageで流された音楽
Bio-Terry & MASCAPが公開したバイオケミカル・テロの歴史
GAOが公開した生物化学兵器テロ情報
GAOが公開した化学及び生物化学兵器の状況
Webの真実性調査2002報告
FBIの2004年 2009年計画
o Tell Or Not To Tell? Assessing the Practical Benefits of Disclosure for Word-of-Mouth Marketing Agents and Their Conversational Partners
What's All The Buzz About?: Everyday Communication and the Relational Basis of Word-of-Mouth and Buzz Marketing Practices
harpe Partners社が2006年1月25日に公開した「Nearly 90 % of Internet Users Share Content via Email According to Sharpe Partners' Study on Viral Marketing」
Parks Associatesが2006年12月7日に公開したインターネット・ビデオ・コンテンツ市場予測グラフ
Nielsen//NetRatingsが2007年3月29日に発表した情報
Google Labsのロゴ

風説の流布
ユーザーころがし
チェーン・メール
デマ・メール
Worldwide E-Commerce Fraud Prevention Network
迷惑URL
ウイルスをテーマにしたチェーン・メールの実例
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
情報操作
告発の歴史
CATT(Cyber Attack Tiger Team)
フードファディズム
誤解を招く、単語の並べ方
インターネット隔離
Library, Bookseller, and Personal Records Privacy Act
Zombie PCs
バイラル
CGM(Consumer Generated Media)
YouTube
パパラッチ
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
マスコミ戦争
写メールとジャーナリズム
Mobile Video Summit
マルチメディア機能搭載携帯電話
携帯電話-2005年
携帯電話-2006年-1
携帯電話-2006年-2
性とメディア/2005年-1
性とメディア/2006年-1
性とメディア/2006年-2
個人情報の流出年表2005-1
個人情報の流出年表2005-2
2005年1月以降のサイト攻撃や詐欺事件
国民ジャーナリズム
カメラ付き携帯
カメラ付き携帯/2004年
カメラ付き携帯/2005年
カメラ付き携帯/2006年
ピーピング
ジャーナリズムの黄金時代
国民ジャーナリズム
メディア未来派
2024年のメディア・オデッセー
未来の敵
メディア界のダーク・エンジェル
デジタルカメラ
携帯電話が変えた人生レポート
デジタルカメラが戦争を変えた!
ソーシャル・エンジニアリング
ソーシャル・ハッキング
iTunes Music Store/2006年
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ブログ2006年
ブログ2007年
CGCM(Consumer Genarated Commercial Message)
UGC(User-Generated Content)
テレビ局、映画会社にとって、YouTubeは敵か?味方か?
YouTube革命
YouTubeに向けて送り込まれる刺客ライバル・バトル
To blog or not to blog : That is the question
ポンプ・アンド・ダンプ