Voizi

ボイジー

日本テレコムが2001年7月1日からサービスを開始した、VoiceXMLを利用して音声でインターネット上の情報検索ができる音声ポータルサービスの名称。固定電話は0088-36-8839、J-フォン(2003年5月27日に、ブランドの名称を2003年10月1日に「J-フォン/J-PHONE」から「ボーダフォン/vodafone」に変更すると発表し、2003年10月1日に商号(社名)もボーダフォンに変更)の携帯電話は#8839を押すとアクセスでき、音声で欲しい情報を選択できる。詳細情報はURL(http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/nr010702_b.html)または、URL(http://www.voizi.net/index.html)で知ることができる。日本テレコムは2001年7月17日に、音声インターネットの普及活動の一環として、 VoiceXMLを使用しWeb上でオリジナル音声コンテンツを制作することができるサービス 「Voizi Lab!(ボイジー・ラボ)」を2001年8月1日から開始することを発表した。詳細情報はURL(http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/nr010717.html)で知ることができる。また日本テレコムは2002年1月18日に、音声でインターネット上の情報検索が出来る「Voizi(ボイジー)」で130種の野鳥の声を聞ける「声の野鳥図鑑」を2002年1月21日から始めると発表した。詳細情報はURL(http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/nr020118_fs.html)で知ることができる。Voiziは2002年3月15日に、2002年4月1日から新たなコンテンツとして視覚障害者向けとして、バリアフリー情報交換の広場、TV番組案内、声の花束の音声版などを提供する「視覚障害者チャンネル(仮称)」を追加することを発表した。詳細情報はURL(http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/nr020315_fs.html)で知ることができる。ソフトバンクは2004年5月27日に、米国投資会社リップルウッド・ホールディングス傘下で国内固定通信3位の日本テレコムを3400億円で買収することで基本合意したと発表した。