Web Integration-3A with Security and NOMAD

Web Integration-Anytime, Anywhere, by Anyone with Security and NOMAD


インターネットのオープンな技術を社内情報システムに活用して、3階層統合型の情報システム設計思想の名称。ただし、サーバー間での連携処理のために相互に接続するサーバーの数が増加することにより、各サーバーでの業務処理状況の管理工数やコストが増大することが大きな課題となっていた。日本IBMは1998年7月9日にサントリーの資材受発注や社内伝票処理をイントラネット/エクストラネットといった先進的なアプリケーションと社内処理業務の既存システムを同時に、また効率的にシステム管理を実現した全社型分散システムを構築し、運用・管理の総合的な効率化とTCOの最適化などによる、本格的なWeb Integration-3A with Security and NOMADを実現した運用・管理システムを構築したと発表した。詳細情報はURL(http://www.ibm.co.jp)で知ることができる。また、米国のPC Guardian社は、最近のサイバー犯罪の脅威およびそれらに対する対策などの情報を掲載したニューズレター「The Security Outpost Bulletin」を発行している。購読は無料で、URL(http://www.securityoutpost.com)で登録できる。そして、1998年10月以降のセキュリティ関連ニュースが瞬時に検索できるセキュリティ情報専門のボータルサイト「NetSecurity」もある。詳細情報はURL(http://www.netsecurity.ne.jp)で知ることができる。