Windows 2000


Microsoft社が1998年10月28日に発表した、Windows NT 5.0の製品名称。Windows NT 5.0の最初のベータ版が1997年にリリースされ、その後「遅延」と「約束だけ」の状態が続いていたが、1998年8月18日にWindows NT Workstation 5.0、Windows NT Server 5.0、Windows NT Server Enterprise Edition 5.0のβ2をリリースした。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Aug98/beta2pr.htm)で知ることができる。ただし、その後も多くの問題があり、Microsoft社は正式版のリリースなどに関して慎重な態度をとり、詳細な情報については明らかにしていなかった。そのような悪いイメージを払拭するために改名したともとれる。Windows 2000ファミリーには、Windows NT Workstation 5.0と呼ばれていたWindows 2000 Professional、Windows NT Server 5.0と呼ばれていたWindows 2000 Server、Windows NT Server Enterprise Edition 5.0と呼ばれていたWindows 2000 Advanced Serverから成り立っている。同時に、16ウェイ対称型マルチプロセッシング(OEMシステム上でプリインストールの場合は32ウェイ)、64Gバイト物理メモリ、クラスタリングおよびOLTPのサービスをサポートし、データベース/トランザクション・システム分野をターゲットにした「Windows 2000 Datacenter Server」の計画を発表した。Windows NTという無敵のイメージをWindows 2000に改名したことから、世間では多くの憶測が流れている。とくにサン・マイクロシステムズ(Sun Microsystems)社のSolaris 7に対抗するためのOSとして開発していたWindows NT 5.0は1999年の末に発表がずれ込み、Windows 2000という名称に改名されたことから2000年までは完成しないのではないかと言われ、それに対してSolaris 7はすでに全ての環境が完成し、発売を待つだけになっているのが現状である。中には、米国のPC WEEKにPeter Coffeeが掲載したOFF THE CUFFのように、Microsoft社のWindows NTのマーケティング・チームが宇宙から来た破壊工作員たちによって誘拐され、自滅的破壊工作をするスタッフに密かにすり替えられているなどといった米国の有名テレビドラマ・シリーズ「ミッション・インポッシブル(Mission Impossible)」のストーリーのような情報まで登場している。1998年11月16日から開催されたCOMDEX Fall '98でMicrosoft社は、主なパソコン製造業者コンパック(Compaq Computer/2001年9月3日にHewlett-Packard社が買収)社やデル・コンピュータ(Dell Computer/1998年1月26日にCompaq Computer社が買収を発表した/2003年12月1日にデルに社名変更)社、ヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard/HP)社、台湾のエイサー(Acer Laboratories/宏碁電脳)社、ゲートウェイ2000(Gateway 2000)社、日立アメリカ(Hitachi America)社、IBM、パッカード・ベル(NECPackard Bell NEC)社、東芝アメリカ(Toshiba America)社など10数社と連合で、「Windows 2000 Ready PC Program」を発表し、同時にWindows 2000に対応したパソコン出荷の各メーカーのリストを発表した。松下電工はWindows 3.1からWindows 95の入れ替えに1億円以上の費用を必要としたにも係わらず、またWindows 95からWindows 98の入れ替えが必要になり、さらにWindows 2000に切り換えるなど、膨大な経費がOS交換に必要であることから、OSの入れ替えコスト削減のため、Windows 98への切り替えを取りやめ、社員4000人にNCを導入する計画を発表した。松下電工がこの計画に成功すれば、多くの企業に浸透することになり、OSの販売量は激減し、一気にNCの販売台数が伸びる可能性がでてきた。1999年4月7日にWinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)がロサンゼルスで開催され、ブレイン・バレンチーノ(Brian Valentine)は、Windows 2000は年内出荷に向けて予定通り、S-H-I-P(ship=出荷)の4パートに分けて準備が進められていることを発表し、Intel社のMerced(その後正式名がItaniumになった)エミュレータ上で64ビット版のWindows 2000を初めて公の場でデモンストレーションし、Windows 2000のパワーマネジメント、Windows 2000の4ウェイクラスタリング技術、ならびにWindows 2000とWindows Management Instrumentationを使ったSAN(ストーレジ・エリア・ネットワーク)管理のデモも披露した。1999年6月30日には、日本語Windows 2000β3が発表された。詳細情報はURL(http://www.asia.microsoft.com/japan/windows2000/preview/)で知ることができる。マイクロソフトは1999年11月25日に、Windows 2000日本語版を2000年2月18日に出荷すると発表した。1999年12月5日にはリリース前評価版であるRelease Candidate 2(RC2)をリリースした。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases/112599w2k.htm)で知ることができる。また、1999年12月15日には、Windows 2000の製造を開始し、パソコンメーカーやCD-ROM製造業者向けに出荷したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/1999/Dec99/W2KrtmPR.asp)で知ることができる。中国は政府機関にWindows 2000の購入を止め、Linuxをベースに中国で独自に開発したRed Flag Linuxを導入することにしたと、Yangcheng Evening Newsが2000年1月8日に報道した。以前、Wordでも発見されたように、Windows 2000でも、発売前にフィンランドのF-Secureによって2000年1月12日(現地時間)に、「Win2K.Inta」または「Win2000.Install」「Win2000.Installer」と呼ばれているウイルスが発見されたという報告があった。マイクロソフトでは2000年1月19日に、2000年3月3日の発売に向け「Windows 2000 Advanced Server」日本語版の製造を開始した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases/011900w2ka.htm)で知ることができる。欧州連合(EU)の独禁当局は2000年2月9日に、Windows 2000についても反トラスト法(独禁法)違反の疑いで調査を開始した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2000/Feb00/EuropeW2KPR.asp)で知ることができる。また、今回のWindows 2000の発売にあたって、以前のWindows 95やWindows 98と同様の宣伝方法を展開したことにより、Windows 98の最新バージョンと誤解し、Windows 95やWindows 98の一般ユーザーが間違えて購入する危険性も出てきている。もし、その間違いまで意識して販売計画を展開しているのであれば、これは完全な国際規模の詐欺行為といえる。世界で一斉に2000年2月18日にWindows 2000が発売されることから、ワインのボジョレイ・ヌーボーと同様に、カレンダー的には日本が世界で最初に発売されることになる。しかし、発売の前日である日本法人のマイクロソフト社は2000年2月17日に、日本語版Windows 2000では西暦以外のカレンダーが正しく表示されない、ディレクトリサービスの「Active Directory」が濁音、半濁音、拗音、促音を区別できないという日本語の致命的なバグを発表した。この他にも約6万3000個のバグが未解決のまま、発売された。日本法人の成毛真マイクロソフト社長(当時)は、2000年2月18日に、「Windows 2000は企業用のOSとして発売した。初心者には勧めない」と発言した。また、これまでのWindowsNTへのサポートについては、NT4.0だけでなく、Windows NT3.51へのサポートも継続し、期間は限定しないことも付け加えた。ただし、パソコンのマニアは、誰もが自分を初心者と考えないという背景があることから、今回のWindows 2000という名称での発売は混乱を起こすことだろう。日本法人のマイクロソフト社は、2000年5月1日付けで、売り上げを90億円から1690億円に拡大した成毛真社長(1991年に就任)が退任し、阿多親市常務(が後任社長に就任する人事を正式発表した。フランス語版Windows 2000のスペル・チェッカーに、「anti-stress」と入力すると、「anti-arab」に変えるよう指示が出るというバグが発見されたという情報がHOT WIRED JAPANのTOP NEWS/2000.3.23で報道された。Microsoft社ではこのバグを即刻修正するといっているが、アラブ人口が多いフランスでは、修正どころではすまされない可能性もある。詳細情報はURL(http://www.hotwired.co.jp/news/news/3906.html)で知ることができる。このようなバグはMicrosoft社内に意識的に挿入した内部犯行者がいるはずである。IBMとMicrosoft社は2000年3月29日に、Windows 2000のサーバーに特化した縮小版と、必要なソフトウエアをプリインストールした初の製品として、「ネットフィニティ(NetFinity)A100」を発表した。詳細情報はURL(http://www.ibm.com/Press/prnews.nsf/jan/3024DAD75B8A47EB852568B1005C52D2)または、URL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2000/Mar00/IBMandMSWebHostPR.asp)で知ることができる。Microsoft社は2000年5月9日からラスベガスで開催されたNetworld+Interopで、64ビット版Windows 2000のデモを実施した。ただし、β版のリリース時期は明確ではない。ドイツの連邦国防軍(Bundesminisstrium der Verteidigung)は、Windows 2000プロフェッショナルを搭載したパソコン10万5000台とサーバー4000台を発注した。詳細情報はURL(http://www.bundeswehr.de/index_.html)で知ることができる。米国のMicrosoft社は、Windows 2000、Windows Me、Officeなどの売れ行きが伸びなかったことから、2000年12月14日に第2四半期(10月 12月)の売り上げ業績予想を5 6%低い64億 65億$にする下方修正を発表し、同時に2001年度(2000年7月 2001年6月)の売り上げ予測も下方修正した。これによって、世界の王者Microsoft社としてのメンツから、周囲の販売関連会社やメーカーに対する反トラスト法ぎりぎり(中には、暗黙の反トラスト法違反)の要求が求められるようになることだろう。中にはその要求が受け入れられなくなり逃げ出す企業も出てくることが予測される。Microsoft社の周囲で美味しい思いをしてきた企業にとって、21世紀の幕開けと共に冬の時代が到来するのかもしれない。Microsoft社は「Microsoft Windows 2000 SP2 Professional」「Microsoft Windows 2000 SP2 Server」「Microsoft Windows 2000 SP2 Advanced Server」の3種類を対象に、Windows 2000 Service Pack 2(SP2)以降に発見されたセキュリティ問題の修正パック「Windows 2000 SRP1(Security Roll-up Package), January 2002」を公開した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/support/kb/articles/JP311/4/01.asp)で知ることができる。ダウンロードはURL(http://www.microsoft.com/windows2000/downloads/critical/q311401/default.asp)でできる。ワシントン州レドモンドで開かれたMicrosoft社の年次社員会議で、「Windows 2000 Server」の後継OSの名称が「Windows .NET Server 2003」となることを2002年8月31日に発表した。Microsoft社は2002年12月12日に、Internet ExplorerやWindows XPなどに搭載されているJavaVM「Microsoft VM」に7種類のセキュリティ・ホールが存在することを明らかにしに安全上の欠陥があり、最悪の場合は第3者によってコンピュータに記憶されたファイルを自由に操作されるなどの危険性があると発表し、「Microsoft VMの問題により、システムが侵害される(810030) (MS02-069)」を公開し、修正プログラムをリリースした。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/bulletin/MS02-069.asp)で知ることができる。世界第2の規模で、25万件以上のウェブサイトを抱え、Windows 2000ベースのホスティング企業として最大とされる米国のインターランド(Interland)社はホスティングしているサイトのHTMLページ末尾に書き込まれた悪意のあるスクリプトが自動的に挿入されるといった大規模なハッキング攻撃を受け、1100件余りのウェブサイトに影響が出ているとWIRED NEWS(2003/09/08)が報告した。感染サイトを訪問すると、このスクリプトが訪問者のブラウザに対して、感染したコンピューターにハッカーがリモート・アクセスできるようにする「Aicore」と、ユーザーのコンピュータに接続されたモデムに電話をかけさせ、高額な請求書が届く可能性を持った「ap26.exe」という2種類あるトロイの木馬からどれか1つをダウンロードさせるという悪意のあるサイトにアクセスする指示を出し、訪問者のマシンも感染する危険性があり、有料電話情報サービスの高額の利用料を請求されたり、サービス拒否(DoS)攻撃に加担させられたりする可能性もあるということである。さらに大きな問題は、わずか数件のサイトがオフラインになっただけだとして、Interland社がハッキング攻撃があったことを否定していることであり、また、Interland社がどのアドレスにホスティング・サービスを提供しているかを明確にしていないことといえる。どのサイトに、「Aicore」や「ap26.exe」が隠されているかどうかを知るには、確実ではないが、「Google」などでスクリプトに含まれる一連の文字列を検索することである程度知ることができるということである。同様の事件は2003年5月にInterland社で「ラボマイス・ネット(LabMice.net)」というサイトに誘導するかたちで起こり、Interland社が密かに処理をしたが、2003年7月28日にまた現れ、第3波として、2003年8月28日に大規模攻撃が始まったということである。これでは何度処理しても終わりがなく、InternetExplorerを利用しているWindowsユーザーにとって、Interland社は迷惑なサービスを提供し続けるていることになる。詳細情報はURL(http://www.hotwired.co.jp/news/news/20030908301.html)で知ることができる。Microsoft社は2003年12月16日に、Windows 2000 Serverの入手可能性に関する変更通知を行い、2004年4月1日より、Windows 2000 Server/Windows 2000 Advanced Serverは、ディーラーおよびVolume Licensingプログラムを通じた販売を中止すると発表した。ユーザーへのセキュリティーパッチの無償提供は2007年3月31日までになる。これで「Windows 2000 Server」は5年間の任務を終了し、ゆるやかに現役を引退することになる。Microsoft社は2004年2月13日に、Windows 2000とWindows NT 4.0のソースコードがサードパーティにより、インターネット上に違法に公開されていると報告した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2004/Feb04/02-12windowssource.asp)または、URL(http://www.betanews.com/article.php3?sid=1076632515)で知ることができる。また、「BetaNews」は2004年2月13日に、問題のコードのエラーレポート(コア・ファイル)にMainsoft社従業員の会社の電子メール・アドレスが含まれていたことを発表した。詳細情報はURL(http://www.betanews.com/article.php3?sid=1076674118)で知ることができる。Japan.internet.comは2004年2月16日に、今回のリソース流出はMicrosoft社にとって、「Windows XP」乗り換え戦略を加速させ、結果的にはプラスに働く可能性を指摘した「Windowsソースコード流出、安全性よりも別の面に影響か」を公開した。たしかにこの流出事件は何億円の広告費より効果があり、MMicrosoft社の意図的な流出と疑われてもしかたがないといえる。詳細情報はURL(http://japan.internet.com/webtech/20040216/12.html)で知ることができる。漏洩したソースコードから、米国のコンピュータ・セキュリティ情報サービスSecurityTrackerが2004年2月15日に、Internet Explorer5にセキュリティ上の脆弱性が発見されたと報告した。詳細情報はURL(http://www.securitytracker.com/alerts/2004/Feb/1009067.html)で知ることができる。Microsoft社は 欠陥修正に200日もかかったと非難されていることから、このセキュリティ・ホールが何日で修正されるか注目されている。とくに、「悪意ある攻撃からご家庭のPCや企業のシステムを守るために、マイクロソフトはこれからも様々な対策に積極的に取り組んでまいります。」という文章は何処まで信頼できるかが試されることになる。Microsoft社は2004年2月20日に、新たな声明を発表し、調査や対抗措置の進ちょく状況を説明した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2004/Feb04/02-12windowssource.asp)で知ることができる。問題は公開されたソースコードの中で、これまで発表されていないセキュリティ・ホールが発見され、攻撃を受けた場合、防御の方法もなく、やられ放題になる可能性を含んでいることといえる。Microsoft社は2006年6月15日にビル・ゲイツ(William H.Gates通称Bill Gates)会長が最高ソフトウェア開発責任者の役職を退くと発表し、後継には最高技術責任者(CTO)のRay Ozzieが就任、2008年7月以降、日常の職務から離れる予定で、その後は慈善財団「Bill & Melinda Gates Foundation」で、地球環境や教育問題への取り組みにより多くの時間を費やすと報告した。ただし、2008年7月以降も、会長および開発プロジェクト顧問としてMicrosoft社にとどまる。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2006/jun06/06-15CorpNewsPR.mspx)または、URL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2006/jun06/06-15CorpNewsMA.mspx)または、URL(http://www.microsoft.com/presspass/presskits/leadership/default.mspx)または、URL(http://channel9.msdn.com/Showpost.aspx?postid=205005)で知ることができる。

[Windows 2000関連のURL]
●NSAが発表したWindows 2000のセキュリティ・ガイドのURL(http://cryptome.org/nsa-w2k/nsa-w2k.htm)
●Windows 2000の情報を集めたURL(http://www.win2000j.com/)
●Windows 2000ハードウェア製品情報のURL(http://www.microsoft.com/japan/windows2000/hwinfo/)
●Windows 2000 Datacenter Server計画のURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Oct98/NT5.0Pr.htm)
●Windows 2000に対応したパソコンを出荷する各メーカーのリストがあるURL(http://www.microsoft.com/ntworkstation/windows2000ready/default.asp)
●Windows 2000へスムーズに移行するために必要なシステム条件を解説したURL(http://www.microsoft.com/japan/windows2000/ready/)
●Windows 2000 Ready PC ProgramのURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Nov98/win2kPR.htm)
●日経BPのBizTechが提供している特番「Windows 2000」のURL(http://biztech.nikkeibp.co.jp/biztech/it/w2k/)
●デベロッパー向けWindows 2000のURL(http://www.microsoft.com/japan/developer/winds/2000/2000.htm)
●日本語版Windows 2000のホームページのURL(http://www.asia.microsoft.com/japan/windows2000/)
●Windows 2000対応のアプリケーション開発のための追加コンポーネント「Visual Studio 6.0 Plus Pack」日本語版の情報があるURL(http://www.asia.microsoft.com/japan/presspass/releases/110899vspp.htm)
●ZDNet JAPANのWindows 2000関連コンテンツWindows 2000 Guide on ZDNet JAPANのURL(http://www.zdnet.co.jp/special/win2000/)
●ZDNet JAPANのWindows 2000用語集があるURL(http://www.zdnet.co.jp/special/win2000/glossary/glos_main.html)
●Windows 2000 InsiderのURL(http://win2k.infoseek.co.jp/)
●Windows 2000発売に関する米国のMicrosoft社の当時の会長兼CEO(Chief Executive Officer/最高責任者)であったビル・ゲイツ(William H.Gates通称Bill Gates)のコメントがあるURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2000/Feb00/W2KAvailablePR.asp)
●Windows 2000 導入事例があるURL(http://www.microsoft.com/japan/windows2000/guide/server/profiles/user.asp)


Microsoft Windows 1.0のパッケージ
Sun Enterpriseサーバー・ファミリー
Stanford大学のMac対PCの比較
Itaniumのロゴ
Windows環境で登場した100年後でないと開かないデータ
Windows 2000 Conference & Expoの案内PDF表紙
Windows 2000 Conference & Expo案内PDF表紙に登場したNetscapeのブラウザ
Windows 2000 Conference & Expoの案内PDF表紙で表示できないMedia Sponsor
1877年10月6日にScience Americaで発表されたBell's New Telephone
1999年と2000年の10月、11月、12月のウイルス比較とその種類
日本が対象外になった2000年の世界のインターネット・ユーザーとe-commerce
Windowsは身体に悪いというクラッカーが送ってきた画像
クラッカーから送られてきたWindowsマークのトイレットぺーぺー
クラッカーが残していったhacked
クラッカーが残していったleaf01
クラッカーが残していったnight
米国の2000年と2001年の第1/4半期パソコン販売比較
IPSOS Reidの世界のオンライン詐欺情報
NASAのJPLが公開したTerraによるLos Angelsの画像
1171〜1193年のアラブ勢力地図
アラブのスンニー派とシーア派の勢力地図
一般にアラブと呼ばれる地域
CyberAtlasが提供している世界の人口と電子マーケット情報
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
Windowsファミリーの系譜
Arab Human Development Report(アラブ人材開発レポート) 2002
アラビア文字で書かれた「知識」
アラビア文字「知識」の書き方
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
元ケニヤ大統領の息子を装って送られてきた詐欺メール
「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」報告書について
「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」報告書
Microsoft社が2006年6月15日に公開した新体制左からBill Gates, Craig Mundie, Ray Ozzie, Steve Ballmer