Windows CE for Automotiveフォーラム

Microsoft Windows CE for Automotive Forum

WCfAフォーラム

アイシンAW、クラリオン、ザナヴィ、デンソー、三井物産、マイクロソフトの 6社が、車載情報システムを構築する上で必要となる機能を「Microsoft WCfA(Windows CE for Automotive)」をベースに共通部品化し、メーカー間での相互運用の実現を目的に、2000年9月19日に発表した団体の名称。フォーラムでは2000年10月を目標に、主要関連技術の仕様を検討する作業部会を立ち上げ、2001年から2002年にかけて対応製品へ反映させる計画である。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases/091900ce.htm)で知ることができる。Microsoft社は2001年10月31日に、車載情報システム用OSとして「WCfA(Windows CE for Automotive) v.3.5」を発表した。詳細情報はURL(http://www.asia.microsoft.com/japan/presspass/releases/103101wcefa35.htm)で知ることができる。WCfA(Windows CE for Automotive)は1998年に、「AutoPC」という名称で登場し、1999年には「AutoPC 2.0」として北米やヨーロッパ市場で発表されている。日立製作所半導体グループも2001年10月31日に、カーナビゲーションなどの車載情報端末システム向けとして、32ビット・マイコン SuperH RISC engineファミリのCPUコア「SH-4」と、チップセットのグラフィックス処理LSIである 「HD64413A」用の高性能グラフィックス・ドライバGDI-Subライブラリで構成されたWCfA(Windows CE for Automotive) Version 3.5上で動作するSuperHTM対応描画用ソフトウェア「グラフィックスソフトウェアエンジン」を開発したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2001/1031/index.html)で知ることができる。Microsoft社は2002年4月29日に、スウェーデンの自動車メーカーVolvo社の米国法人が、2002年モデルの「Volvo S60」「Volvo S80」およびクロスカントリーモデルに、三菱電機がVolvo社に供給するナビゲーション・システムのOSとして 「Microsoft社のWindows CE for Automotive 3.5」を採用すると発表した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2002/apr02/04-29VolvoPR.asp)で知ることができる。情報処理振興事業協会セキュリティセンターは、金沢工業大学情報工学千石研究室が実施した携帯端末機器のセキュリティに関する調査報告で、「Windows CE 3.0端末のスクリプトウイルスの危険性に対する調査・検討報告書」を公開した。詳細情報はURL(http://www.ipa.go.jp/security/fy13/report/mobile_security/mobile_security.html)で知ることができる。野村総合研究所は2003年11月20日に、ハード市場予測として、2008年までのパソコン、携帯電話、車載情報端末、PDAの伸び予測を発表し、パソコン、携帯電話の市場成熟化が進み、代替需要を中心とした市場構造になり、毎年の成長率は1〜2%台と低い水準になると予測し、車載情報端末分野は、自動車への純正品標準搭載の普及により、年率10%に近い水準で成長すると予測した。また、PDA分野は、新しい用途・ビジネスモデルの開拓が難航しており、携帯電話端末との差別化も進んでいないことから、このままでは、2008年でも90万台弱の規模にとどまると予測した。詳細情報はURL(http://www.nri.co.jp/news/2003/031120.html)で知ることができる。Yankee Groupは2004年1月28日に、従業員数が500人未満の600社の企業を対象に、アンケート調査した結果から、中小規模の企業の約43%が、Microsoft社の製品とサーバーに「過度に依存する」ことに対して不安を抱き、調査対象企業の72%が、業務にMicrosoft社製品の影響力を小さくするために、ほかのベンダーを検討したいと答えていると発表した。詳細情報はURL(http://www.yankeegroup.com/public/news_releases/news_release_detail.jsp?ID=PressReleases/news_01282004_smb.htm)で知ることができる。Mobile Commerce World.comが2004年2月9日に、Nokia社が9350万ポンドの支払いに加え、2004年から2005年にかけて販売されたSymbianOSデバイス1台につき0.84ポンドをPsion社に支払う条件で、イギリスのPsion社からシンビアン(Symbian)社を買収する計画で動き出していると報道した。この取引には規制当局とPsion株主の了承を得る必要もあるが、実現すると、Nokia社のSymbian株保有率は現在の32.2%から約63.3%になると推定されている。詳細情報はURL(http://www.mobilecommerceworld.com/Tmpl/Article.aspx?ID=19685)で知ることができる。コンセプト実証型のウイルスとして2004年7月17日に、Microsoft社の「Windows CE」に感染する初のウイルス「WinCE4.Dust」が登場した。詳細情報はURL(http://securityresponse.symantec.com/avcenter/venc/data/wince.duts.a.html)または、URL(http://www.bitdefender.com/bd/site/presscenter.php?menu_id=24&n_id=102)で知ることができる。
cellular-newsは2008年11月13日に、ABI Researchからの情報としてM2M (machine-to-machine)コミュニケーションが拡大し、市場での継続的な強い成長が2013年には9,500万増加すると予測したと報告した。
ABI Researchは拡大要因として3つのセグメントを指摘している。
それは、テレマティックス(telematics)、テレメトリー(telemetry)、およびワイヤレス・ローカル・ループ(wireless local loop)をあげ、テレマティックス(telematics)で3900万、テレメトリー(telemetry)で3400万と予測している。
先任アナリストのサム・ルセロ(Sam Lucero)によると「およそ2011年まで、制御アプリケーションを含む広範囲なアプリケーションを包含するスマート計量、POSターミナル、リモート・モニターなどのテレメトリー(telemetry)セグメントの主要な市場で、成長します。」と分析している。
そして、「2011年以降は、テレマティックス(telematics)アプリケーションにおけるスパイクを予想します。」と続けている。
「これらは、現在すでに存在しますが、2011年からは本格的な「OnStar」に向けて北米でのセル接続、ヨーロッパのeCallイニシアチブ(eCall initiative)などの命令で、はるかに強い競合反応が車で起こるでしょう。」と言っている。
実際には自動車メーカーが、OEMテレマティックス・プログラムと共にやって来る。詳細情報はURL(http://www.onstar.com/us_english/jsp/index.jsp)または、URL(http://www.esafetysupport.org/en/ecall_toolbox/faq/)で知ることができる。
「また、フリート・マネージャが燃料コストを削減して、総合的な運営効率を増加させるのにテレマティックスを使用し、ビジネス・テレマティックスは強い成長のためにセットされました。」と報告している。
平均小売価格が2010年から安定かすべきで、べてのエアー・インターフェース規格によって低価格化すると予想されている。
しかし、現在のグローバルな財政的経済の不明確で、否定的にこの市場に影響するか?という質問に対し、
「いくつかの会社が、不安定な経済には直接的な衝撃がある。」とABI Researchに言った。
「私たちの予測が必要であるかどうか評価するために、選択された産業の利害関係者について調査途中である。」とも報告している。
この分野はモトローラが強かったが、その後衰退し、多くの企業に吸い取られていった。
それと同時に、洗練されてきている。
とくにIntel社などが面白いチップを開発している。
この分野でもトヨタが強いように感じていたが、「G-BOOK」以降は発想の軟弱性が表面化している。
現在最悪の米国自動車産業が再生するには、この分野しかないことだろう。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34630.php?source=newsletter)で知ることができる。