WMDゲート事件

Weapons of Mass Destruction gate

大量破壊兵器ゲート事件>>イラク・ゲート事件

ニクソン元大統領がただウソをついたことにより大統領を辞任した、「ウォーターゲート事件」にちなんで、イラク侵攻の根拠となった、大量破壊兵器が見つからないことから、諜報機関が間違った情報を提供したのではなく、米国やイギリスの政府が故意に情報操作を行ったのかという疑いが持たれるようになって登場した俗称です。

>> さらに詳細な情報はこちら


WMD IN IRAQ--Evidence and Implications
Biologiocal and Chemical Terrorism: Strategic Plan for Preparedness and Response
A Guide for Explosion and Bombing Scene Investigation
Method for Developing Arrangements for Response to a Nuclear or Radiological Emergency
GAOが2004年2月3日に公開した「Combating Terrorism」
イギリス政府が2004年2月3日に公開したForeign Secretary outlines WMD intelligence review
CIAがイラクの大量破壊兵器の情報をWebで募集しているサイト
John B. Stephensonが提出した化学兵器に対する実験報告書
「THE JUNK SCIENCE OF GEORGE W. BUSH」
Dennis J. Kucinichが公開した「劣化ウラン」
生物化学兵器の防御のために必要とされる情報収集継続と人材レポート
GAOが2004年6月10日に公開したロー・レベル放射性廃棄物識別処理レポート
イギリス政府の調査委員会が公開した「大量破壊兵器調査報告書」
Robin M. Nazzaroが提出した低レベル放射性廃棄物の未来危険性を指摘したレポート
Annenberg's Lear Centerとthe NewsLab at the University of Wisconsin, Madisonが公開した、2004年11月の米国大統領選におけるニュースの影響について調査結果レポート
上院議員のJohn McCainの地方放送法見直しとその反応
2005年3月2日に公開した、生物化学兵器に対する陸軍と海兵隊の対応状況レポート
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
「Executive Order 13328」
Note for the Comprehensive Report with Addenda Addenda to the Comprehensive Report