Wi-Fi探知機


将来携帯電話のマーケットに大きく影響することが予測されている「Wi-Fi」や「ホットスポット」など無線環境の有無は、目に見えないといった不満が多いことから開発されているWi-Fiネットワークを見つけるために使われ探知機の総称。ネットワークの存在と信号の強さだけでなく、ネットワークの名称や暗号化の有無まで調べられる製品も出てきている。TIA(Telecommunications Industry Association)が2005年2月10日に公開したレポート「TIA's 2005 Telecommunications Market Review and Forecast」によれば、無線通信市場は2004年の収入は2003年から11.6%して合計でUS$1451億ドルになったが、2005年は昨年より9.3%増加し、US$1586億までとどまり、2008年までは毎年10%増加すると予測し、US$2125億市場になると予測している。さらに、価格が上昇しているのは、アプリケーションに関連する新しい開発が影響していると予測し、ワイヤレスのインターネット・アクセスなどのようにテキスト・メッセージング、インスタント・メッセージング、ringtones、ワイヤレスのゲーム、マルチメディアメッセージングサービス、およびWi-Fi技術が躍進すると予測している。ただし、問題は予測グラフがもの凄く単調な右肩上がりで、こんな単調なグラフ通りにマーケットが動いたということが実際には無いということである。詳細情報はURL(http://www.tiaonline.org/media/press_releases/index.cfm?parelease=05-05)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年5月17日に、ワイヤレス・ネットワークのセキュリティに関する改良レポート「Information Security: Federal Agencies Need to Improve Controls over Wireless Networks. GAO-05-383」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-05-383)で知ることができる。cellular-newsは2005年9月20日に、ハイテク市場調査会社In-Statが世界におけるこれから10年間のモバイル市場予測を公開したと報告し、日本、オーストラリアを含むアジアのモバイル市場は2004年に約7億4000万人のユーザーから約US$1800億の総収益をあげていたが、2009年までにUS$2,600億以上の総収益に成長し、世界最大マーケットになると報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/14113.php)で知ることができる。In-Statは2005年9月20日に、世界では2009年に$3,460億になると予測していることから、アジア以外では860億になり、アジアをマーケットを獲得できないモバイル市場企業は、消え去ることになる。とくにインドはCAGR(Compound Annual Growth Rate/合成年間成長率)で2004から2009年の間に最も速く発達すると予測し、CAGRが32.8%で、加入者は2009年まで年間31.1%の成長率を継続すると予測している。詳細情報はURL(http://www.instat.com/press.asp?ID=1447&sku=IN0502196MU)で知ることができる。アフリカも凄いと思っていたが、人口的にインド、中国には足下にも寄れない。米国やヨーロッパのモバイル市場は実験場で、ビジネスはアジアと言うことになる。NTTドコモは十分にマーケットを狙える立場だったが、実験場に目を向け、マーケット戦略に失敗したともいえる。ただし、これだけの成長は、同時に他のマーケットも引っ張り上げ、世界中であらゆるものが不足することになる。任天堂は2006年1月26日に、2006年3月2日に「ニンテンドーDS」の上位モデルにあたる「ニンテンドーDS Lite」を発売すると発表し、ロイターやWashington Postは2006年2月15日に、任天堂が日本語版「ニンテンドーDS」向けとしてWi-Fiを視野に入れた「ニンテンドーWi-Fiコネクション」をオープンすると同時にOpera Software社と提携し、、デジタルTVやWebブラウジングを楽しめるようにしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/060126.html)または、URL(http://go.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=technologyNews&storyID=11220742&src=rss/technologyNews)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/15/AR2006021500383.html?nav=rss_technology)で知ることができる。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はURL(http://wifi.nintendo.co.jp/)にある。TelephiaのNew ProductsのVPであるKanishka Agarwalは、「所得水準、民族のミックス、および平均年齢を含んだ、いくつかの要素が大都市の市場で異なって、無線の代替の速度に影響を及ぼしています。」と分析している。デトロイトとミネアポリスでは、それぞれ19と15.2%の家庭で無線電信代替率を掲示した。タンパ都市エリアは、約17万7000の家庭を代表して、15.1%トのレートを保証した。アトランタの約21万9000の家庭とワシントンDCの22万の家庭が有線を止めた。サンフランシスコはリストの下部で、レポートによると、サンフランシスコの都市エリアは5.5%(約10万5000の家庭)が無線の代替率を掲示した。Kanishka Agarwalは、「サンフランシスコ市民は伝統的に先進技術の初期採用者です。トポロジーと帯状になる理由で、サンフランシスコのモバイル・ネットワークは他の先頭を行く都市と比べるほど信頼できません。そして、それはそれほど魅力的でない代用品です。」と言い足しました。米国など、有線を確保するには土地が広すぎる場所では急速にWi-Fiへ移動している。1年前には、こんな馬鹿げたことで悩んでいたのかと思うほど、時代は急速に変化している。このスピードに対応できない企業や政治家は、早く引退すべきで、多くの携帯電話事業者は、まだ携帯電話にこだわっていることから、ソフトバンクは、良いタイミングで無線環境に参入したのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=061103)で知ることができる。

●canarywireless社の「DigitalHotspotter」のURL(https://www.canarywireless.com/default.asp)
●WiFiSeeker社の「WiFiSeeker」のURL(http://www.wifiseeker.com/)
●Hawking Tech社の「WiFi Locator」のURL(http://www.hawkingtech.com/prodList.php?FamID=71)
●Kensington社の「WiFi Finder Plus」のURL(http://www.kensington.com/html/5703.html)