Wikia Searchプロジェクト

The Wikia Search project

Wikia検索プロジェクト

Wikipedia創設者ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)がオレゴン州ポートランドで開催された会議で2007年7月28日に話した、共同体によって開発された「Google」や「Yahoo」などのサーチ・エンジンに匹敵するウェブ・サーチサービス開発プロジェクトの名称。ロイターは2007年7月28日に、「Google」や「Yahoo」などのサーチ・エンジンに匹敵する共同Web
サーチサービスとは、「Grub」から財産を取得した商業始動の「Wikia」が、今度のサーチサービス関連サイトに索引をつけるためにウェブを洗い出す先駆け的な「ウェブ爬行動物(Web crawler)」を利用し、そのために、すでに適所に「ウェブ爬行動物(Web crawler)」を置いていると話していると報告した。詳細情報はURL(http://uk.reuters.com/article/internetNews/idUKN272470320070727)で知ることができる。
Wikipediaでお金を生むことは、不可能であり、そこで考え出された安易なお金を生み出す解決策はほとんど失敗し、考えれば考えるほど問題は発生することから、「ウェブ爬行動物(Web crawler)」を考え出したと思われる。
確かに、Googleで検索した場合に、ブログや一部の企業と癒着していると疑える不思議な情報がトップに登場することが多くなり、複数の専門技術者に確認したら、その癒着が事実だと知らされるなど、最近のGoogleによる検索情報操作に、多くが懸念を持ち始めていることは確かで、すでにドイツのベルテルスマン(Bertelsmann)社とトムソン(Thomson)社などを含む複数会社によって開発するインターネット検索システム「テーセウス (Theseus/Θησευ )」に、EC(European Commission/欧州委員会)が1億2000万ユーロの助成金を承認した。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=6708)で知ることができる。日本でも、政府支援によるGoogleに対抗できるサーチ・エンジン開発プロジェクト「情報大航海プロジェクト」が始動している。詳細情報はURL(
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/daikoukai/index.html
)で知ることができる。さらに、まだ振り込みサービスなどが整備されていないことから日本では浸透していないが、GoogleのAdSenceも取り込んで全世界で提供され始め、いずれ日本でも始まる「Openads」が本格化すると、さらにGoogleの未来に暗雲が立ちこめてくることだろう。
それを感じてか、米国のGoogleは米国国内でモバイル環境への進出、されに政治の中枢への進出などを進めているが、ヨーロッパや日本では今後Googleのサービスがどうなるか?
ワシントンポスト(WashingtonPost)は2007年12月24日に、Wikipedia創設者ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)が以前言っていたていたGoogleに対抗できる、挑戦的な検索サービスを2008年1月7日に開始すると言ったと報告した。
The Wikia Searchプロジェクトは、検索アプリケーション、検索アルゴリズム、およびウェブ爬行動物を含んでサーチ・エンジンのために基礎技術を組み立てた。
The Wikia Searchは、Wikipediaと同様に共同体モデルを使用して、フィルタサイトとランク結果を捜し、技術狂を助けさせると報告している。
この考えは、エンドユーザーがどう検索結果に達するかを見ることができ、よりわかりやすいサーチ・サービスを提供することによって確立したプレーヤーが挑戦することになる。
ウェールズは、YahooとGoogleをどのように結果に達するかを説明しない不透明なサービスとして記述した。
Wikipediaが十分なエントリーが役に立つのを得るには時間がかかった同様の方法であり、この検索ツールは発展するには時間がかかり、そして、初期のサービスは主なサーチ・エンジンの能力に合わないと予測されている。
さらにボランティアは、時間がたつにつれて検索プラットホームを開発しなければならない。
この検索プロジェクトは、ウェールズが運営している、だれでもwikisを造るのに使用することができるソフトウェアプラットホームを提供している営利目的の会社Wikia社の一部として開始され、Wikipediaと同様の方法で、他の人々にそれら自身のサーチエンジンを築き上げさせることになる。詳細情報はURL(
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/12/24/AR2007122401567.html
)で知ることができる。
つまり、当分は使い物にならないと言うことのようで、GoogleがGoogle社版Wikipedia「Knol」を開始し、WikipediaがGoogleを抜く検索エンジンを開始することになった。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8312)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8151)で知ることができる。
Mercury Newsは2008年1月8日に、Wikipediaの有名な創設者ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)が2008年1月7日に新しいオープン・ソース企画の「Wikia Search」を公開したと報告した。
Acrossのblogosphereで「terrible(最悪)」とパンチを食らわせた。
しかし、主な検索会社の科学技術者は、ウェールズを防御して、彼の努力が全体の産業のためになると言っている。
新技術のレビューを専門に扱っているTechcrunchの創設者マイケル・アリトン(Michael Arrington)は、「Wikia Search」について、これまでで最大の当てはずれで、不快かもしれないと論評している。
インタビューでウェールズは、評論家が「Wikia Search」のポイントを見逃していると言っている。
「これはサーチ・エンジンではなく、サーチ・エンジンを築き上げるプロジェクトです。」と説明している。
いずれにしても利用可能になるには、最低2年かかり、そのころには新しい別世界が、「Wikia Search」以外でも展開されていることで、今騒いでも意味がない。詳細情報はURL(http://www.mercurynews.com/breakingnews/ci_7910534?nclick_check=1)で知ることができる。
さらに、「Wikia Search」が良い品質の結果を生むまでに最低2年かかると言っている。
ウェールズは、Googleなど、一握りの巨大な競争相手に頼らないで、インターネットから情報を検索したがっている世界中の組織に利用可能にすることを計画していて、「Wikia Search」はゴールデンアワーの準備中で、インターネットの重要な増加している数のオープンソース・プロジェクトの1つになり、それらの検索結果のバックグランドにあるアルゴリズムが非常に貴重な企業秘密であると考えるUS$10億の会社と異って、「Wikia Search」は技術のバックグランドにあるソフトウェア・コードを公開することになると言っている。
とりあえず、検索してみるには、URL(http://alpha.search.wikia.com/)でためすことができる。
Mashableは2008年10月8日に、Wikipediaの有名な創設者ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)のワークショップからのピープル・サーチWikia検索(Wikia Search)が、アプリケーションの作成と検索結果の改造をするため、プラットホームを公開したと報告した。
プラットホームは「WISE(Wikia Intelligent Search Extensions)」と呼ばれ、プラットホームで作成されたアプリケーションは「WISEapp」と呼ばれている。
しかし、同様のものが「SearchMonkey」として「Yahoo」によって既に開発され、Yahoo検索プラットホームはまだほとんど閉じているベータ段階にあり、それのいくつか、例えば、検索装置ギャラリー(search app gallery)、StumbleUpon、Flickr、Yahoo Search Video Player、HowStuffWorksなどは見ることができるようになっている。詳細情報はURL(http://tools.search.yahoo.com/newsearch/open.html)または、URL(http://developer.yahoo.com/searchmonkey/)または、URL(http://gallery.search.yahoo.com/)または、URL(http://gallery.search.yahoo.com/application?smid=UBm)または、URL(http://gallery.search.yahoo.com/application?smid=uZ0)または、URL(http://gallery.search.yahoo.com/application?smid=sss)または、URL(http://gallery.search.yahoo.com/application?smid=hsb)で知ることができる。
しかし、Wikiaはプラットホームを公開した。
ジミーウェールズは、早くプロジェクトを公共にする気であったことから、驚くことではないと報告している。
しかし、Wikia検索の場合は、ジミーウェールズの考えが裏目に出て、多くの否定的な非難が出た。
ところがすでに、「The Washington Post」「Thomson Reuters」「Digg」「Twitter」「Last.FM」「Amie Street」などがすでに迎え入れていると報告している。詳細情報はURL(http://mashable.com/2008/10/08/wikia-search-platform-wise/)または、URL(http://search.wikia.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11255)で知ることができる。