Yellow Fever

イエロー・フィーバー

医学用語では亜熱帯地方で危険な急性伝染病と知られる黄熱病の名称であるが、インターネットの世界では中国、韓国、台湾、インド、日本、東南アジアなど、黄色人種と呼ばれる世界の躍進が、世界中を揺るがすようになってきたことから、黄色人種熱とでも訳すべきかもしれない。ただし、欧米などでYellowとは、陰気な、嫉妬深い、疑いっぽい、臆病な、卑怯な、卑劣な、俗受けするなど、軽蔑語として利用されることも多く、欧米人には理解しにくいアジア的ビジネスが世界をまくし立てることを総称した言葉として使われるようになっている。また、米国のドット・コム企業の中で、バブルがはじけた後も元気なGoTo.comやYellow Pages.comはバック画面にyellowを多く採用していることから、インターネットの世界全体が黄色一色に染まってきている様相を表現する言葉として使われることも多い。いずれにしてもヨーロッパから出発した多くのアフリカやアジアの探検家が新発見をする前にYellow Feverで死亡している歴史があり、欧米人には気に入らない「未来の敵」という言葉のようである。


ドット・コム
InterNIC
トップレベル・ドメイン
メディアとWebのデジタル著作権戦争
DJIA
NASDAQ
インターネット長者
White House Conference on the New Economy
ロール・プレイング・ゲーム
ブラック・マンデー
ハイテクデフレ
ネット・バブル
バブル時代研究会
利潤証券
Linuxバブル
サイコロジカル・ライン
株式分割
Emblix
偽銀行サイト警報
風説の流布
オープンクリエイション
OCPL
インターネット経済の格下げ
スタートアップ
Technological Entrepreneur
スポーツ・コンテンツ
Idea.lab!
音声ドメイン
ブランドを創り出す
バーン・レート
Path to Profitability
Viral Marketing
IS(Information Science)
IT(Information Technology)
IT(Information Technology)2003
IT(Information Technology)2004
IT(Information Technology)2005
IT(Information Technology)2006
IT(Information Technology)2007
ICT(Information and Communication Technology)
EyeVision
Viisageが公表したスタジアムでの個人情報収集技術
サイバー探偵
eToysとetoyの戦い
もてあそばされた戦争の設計図
MTAAによるetoyへのインタビュー
RTMarkのToy giant wins battleのリリース
未来の敵
ラナム法
TOPlay
上海シフト
COMPUTEX TAIPEI
上海シフト
ハニーネット・プロジェクト
FERET計画
IT不況
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
Speedometer
インターネット・ゴールドラッシュ
WITSA(World Information Technology and Service Alliance)
COMINT
Intelligence Supercomputer
Creative Commons
BPA(Business Plan Archive)
自由利用マーク
EYEマーク
サイバー戦争の武器配布
Pharming
新日本様式
ポンプ・アンド・ダンプ