Yahoo oneSearch

oneSearch


Yahoo!が展開しているモバイル向け検索サービスの名称。Moco Newsは、2007年10月8日に、Yahoo!が地域密着型の情報を加えて、Yahoo oneSearchにYahoo AnswersとWikipediaの両方を加えましたと報告した。Wikipediaページは、小さなモニターでも利用できるモバイル用に表示を変更している。また、Yahoo!は特定の飛行を捜し求め、飛行状況、時間、ゲート情報を容易に判るようにしたフライト・スケジュール検索を発表した。また、ブログサービスでは、ポータルとして、オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、マレーシア、メキシコ、フィリピン、シンガポール、スペイン、タイ、イギリス、米国とベトナムを追加した。また、携帯電話向けインターネット・サービス(テキスト専用)には、Flickr、ニュース、およびビジネスリストを組み込み、ウェブ(テキストとイメージ)の既存の検索カテゴリとして、Yahoo AnswersとWikipediaの両方を追加することになる。oneSearchのPaul Yiuはブログで、「さまざまなソースとYahoo!所有地から、即時に答えを届けるので、結局oneSearchの目標が、モバイルで正しい情報を得ることが可能になる。」と書いている。と報告した。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-yahoo-adds-answers-wikipedia-flights-to-onesearch/)で知ることができる。Yahoo!は、「oneSearch」で一気にモバイル・インターネット・サービスにシフトしているが、問題は携帯電話のスクリーン・サイズで、何となく、既存のサービスをそのまま携帯電話でも利用できるようにしているだけで、ひねり方が少ないように感じる。
Moco Newsは2008年2月27日に、ノルウェーのブラウザメーカーOpera社はGoogle社を支持し、Operaのモバイル・ブラウザ「Opera Mini」のデフォルト・サーチエンジンとしてGoogleを搭載し、Yahooを全部落としたと報告した。
Google社とOpera社のパートナーシップは、Googleの検索ボックスが直接ブラウザのスタートページにあり、Googleがモバイル・ブラウザのためにOperaが選択したサーチ・エンジンとして完全復職したように見えると報告している。
Opera社は1年以上前に、Googleを切り捨て、Yahooに取り替えた。
2週間前に、ヨーロッパのT-Mobile Europeは、そのモバイル・ポータルWebとWalkのためのデフォルト・サーチエンジンとしてGoogleから、Yahooに取り替えたと言った。
まるで片づけられるべきである行くべき取引を扱うかのように、モバイル検索のための戦いは戦国時代の武将のようでもある。
問答無用!「バサ!」
そこには義理や人情はない!
あるのは、金とビジネス!
Opera社はまた、インターネット・ブラウザを作るが、最近では無料のモバイル・ブラウザ「Opera Mini」の方がよく知られている。
「Opera Mini」は1カ月あたり約17億ページをブラウズし、3,500万人の累積ユーザーがいると言っている。
そのトラフィックの多くは、検索で明らかに生成されている。
モバイル市場は、サーチ・エンジンを右手から左手、左手から右手へと、お手玉して稼ぎ出している。
このした高さが、目まぐるしいモバイル市場では必要なのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-google-becomes-default-search-engine-for-operas-mobile-browsers/)または、URL(http://www.opera.com/pressreleases/en/2008/02/27/)または、URL(http://jp.opera.com/support/tutorials/operamini/home/)または、URL(http://www.reuters.com/article/technologyNews/idUSL1282779220080212?feedType=RSS&feedName=technologyNews)または、URL(http://www.boston.com/news/world/europe/articles/2008/02/12/yahoo_wins_over_t_mobile_europe_displacing_google/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8957)で知ることができる。
Moco Newsは2008年4月2日に、CTIA WIRELESS 2008でボーダフォン(Vodafone)のArun SarinをフォローするようにYahooのConnected Life部門EVPのMarco Boerriesがステージに上がり、プレゼンテーションの一部として、OneSearch2.0の開始を発表したと報告した。
OneSearch 2.0の内容
*結果の一部としてリンクよりむしろ、インターネットのためのYahooのMonkeyサービスとして、豊かなメタデータを書くことができるように、オープンにした。
*検索ボックスは、タイプを予測する機能を持った。
*タイプの代わりに音声入力を可能にした。
* 検索ボックスが、電話テレビと統合される。
ステージにおけるデモンストレーションでは、人を捜し求め、Facebook、LinkedIn、MySpace、およびWikipediaの結果成果を収め、有名人のページに追加した。
音声で探すとき、飛行機が定刻に出発するかを検索し、地図を手に入れ、ゲーム結果を得るように、アドレスを捜したと報告している。
新しいゲーム感覚モバイル検索エンジンに生まれ変わっている。
OneSearch 2.0は2008年の夏に市場に出てくると報告している。
音声入力は、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるベンチャー・キャピタルからUS$2000万を受けたvlingoの技術が採用されている。
この技術は、サービスがさらに利用されることにより、音声認識もさらに改善されるように設計されている。
vlingoのCEOであるDave Grannanは、検索に関する誤りがあるかどうかについて、ユーザーは単語の上でスクロールでき、オプションのドロップダウン箱はそれを修正するのを現れ、デモでは、「Blow Fish Sushi To Die For in San Francisco.」と聞いた。
彼が今までに、それをすでに1回試していたので、次回には1回目で正しい検索結果を認識した。
さらに、個人のアクセントでも、持ち主の声に調整する機能も搭載していると報告している。
携帯電話だから、キー入力ではなく、音声入力というのが当然の流れ!
当然似、気が付かないのは愚かとも言える。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-ctia-keynote-day-two-yahoos-marco-boerries-launches-onesearch-20/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9335)で知ることができる。